PageTop







2018年度 第1回 干潟観察会のご案内

すでにホームページではご案内していますが、このブログでも
案内状に飛べるようにしておきます。

ここをクリックして案内状をご覧ください。


期日は4月30日(月)、場所は、広島デルタを流れる最も東寄りの猿猴川で、
河口左岸です。

案内状の地図を頼りに集まって下さいね。

どうぞ、お申し込みのうえ、お誘い合わせの上、ご参加ください。





スポンサーサイト
[ 2018/04/13 12:06 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2018年度 干潟観察会の日程一覧

今年度の干潟観察会の一覧を挙げておきます。


さっそく第1回の観察会の申込みを受け付けます。
(近いうちに第1回の正式な案内と地図をこのブログにアップします。)

お友だちを誘って、どんどんお申し込みください。
無料です。

申込み方法は、

① 参加者全員の氏名
② 成人か、児童・生徒かの別
③ 児童・生徒の場合は、学校名と学年

以上を higataken98@yahoo.co.jp のアドレスへ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1回  4月30日(月)集合14:30、解散16:00前後  (干潮は15:57で潮位12cm)
▼ 猿猴川河口左岸(潮位が低く海底が見える。普段見られない生きものたちがいっぱい!)

第2回  5月27日(日)集合13:00、解散14:30前後  (干潮は14:22で潮位42cm)
▼ 新己斐橋西詰め北側(干潟のカニが種類も数もたくさんいて、貴重な塩生植物も豊富。)

第3回  6月24日(日)集合11:45、解散13:15前後  (干潮は13:15で潮位75cm)
▼ 江田島市大柿町釣附海岸(島嶼部の中でも穴場スポット。白砂青松の原風景。)

第4回  7月29日(日)~8月1日(水)
▼ 沖縄県石垣島・西表島(あいにく、すでに満席になりました。補欠候補のみ募集します。)

第5回  9月9日(月)集合14:00、解散15:30前後  (干潮は15:19で潮位 14cm)
▼ 白島九軒町白潮公園(市内に残された自然の干潟で、ここにだけいる生きものを捜します。)


※ 【服 装】…… 帽子、軍手、長靴、長袖、長ズボン

  【持ち物】…… 移植ごて、ミニバケツ
  
    観察時にあると便利:針金(岩のすき間に潜む生き物を引き出す)、ドライバー(カキ殻やカ
        サガイ類をはがす)、ルーペ、メモ帳、筆記用具、カメラ、図鑑。

    観察後にあると便利:洗車ブラシ(汚れた長靴や道具を洗う)、大きなビニル袋(汚れ物をま 
        とめて収納する)          
 



[ 2018/04/03 12:16 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第2回ジュニアサイエンスフェア

広島干潟生物研究会が母体になってつくられた、「広島ジュニア
サイエンスフェア実行委員会」(委員長は鳥越兼治広島大学名誉教授)が、
昨年に引き続いて、サイエンスフェアを開きます。

今回は、来年1月6日(土)で、場所は広島市青少年センターです。

チラシが出来ましたので、のせておきます。

sizeチラシ


画像が小さくて文字が読めないとおもいますので、電子ファイルへ
飛べるようにしておきます。
これをお知り合いの方に転送していただくとありがたいです。


ここをクリックしてください。


要項は、ここにあります。


大人が単独でも参加できます。


当日たくさんの方が、学び、体験し、楽しんでいただくのを期待しています。

どうぞお越し下さい。


[ 2017/11/24 10:58 ] ジュニア事務局から | TB(0) | CM(0)

第2回ジュニアサイエンスフェアのご案内

広島干潟生物研究会が母体となった「ジュニアサイエンスフェア実行委員会」が
昨年度に引き続いて、第2回のフェアを行うことになりました。

The 2nd Junior Sciense Fair in Hiroshima ですから、今後は略して

2nd JuSFa (セカンド・ジャスファ)を通称名とします。



日時:平成30年(2018年) 1月6日(土)  13:00~17:00


場所:広島市青少年センター ホール、各室


主催:広島ジュニアサイエンスフェア実行委員会
    (委員長 鳥越兼治 広大名誉教授)
    広島・地域から「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会
    (委員長 坪内孝治 江田島青少年交流の家所長)


内容:科学研究発表(口頭、掲示)
    実験/体験コーナー
    科学写真展、撮影実演
    科学研究相談会
    など


詳細な案内は追って行いますので、日にちだけは空けておいて
くださいね。


今年最後の観察会、無事終了

昨夜、台風18号が四国を通過し、日本列島を縦断して去ってくれました。
おかげさまで今日の観察会は、晴れときどき曇の絶好の観察会
日和となりました。

参加申込みは60名。

島嶼部から参加の方ご一家の欠席届けが昨夜あり、今日は、昨日の
行事が延期になったから参加できない旨の連絡が入ったり、
その結果、参加者は48名に減りました。

場所は、白島九軒町の白潮公園地先の干潟です。

市内に残された自然護岸の残る3つのポイントのうちの1つです。


sizeretouchIMG_3814.jpg


特筆すべきは、夜行性の巨大なハマガニが3匹も見つかったこと。

夏の間は、まず昼間は出てきませんが、やはり日射しが和らぐと
昼間でも出てくるのでしょうかね。

手にとってお見せすると、

「おおー、でかい!」と皆さん大興奮でした。


こうして、今年は天気に恵まれ、5回の観察会をすべて実施
することができました。

ケガもなく、楽しいそしてお子さんがたにとってはちょっとワイルドな
体験で、またびっくりするような発見がたくさんあったはず。

来年もまたどうぞおいで下さいね。

専門的に勉強したい人、いずれは観察会の案内役をやってみたい人などは、
事務局に早めにご連絡下さいね。



[ 2017/09/18 20:44 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)