PageTop







2017年度第3回干潟観察会

次の日程で観察会を行います。

いつものように申込み要領に従ってお申し込みください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目的 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
   そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する
   興味・関心を喚起し、その多様性やそれらを支える環境について
   学びます。

内容 太田川放水路で干潟の生きものの解説を聞きながら観察し、
   生息している生物の種類を確認し、記録に残します。希少種
   ハクセンシオマネキをじっくり観察します。

日時 2017年6月25日(日) 午後3時00分から午後4時30分

場所 広島市西区福島町2丁目
    太田川放水路左岸 新己斐橋下流の東側 河川敷。
      (新己斐橋と旭橋の中間地点)

持参 タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋または
    ミニバケツ、メモ帳
      (あれば便利;デジカメ、双眼鏡、図鑑)

服装 長靴、長袖、長ズボン、帽子

申込 参加費は無料ですが、電話番号を添えてメールまたは電話で
    申し込んでください。
     higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
 ①参加者全員のフルネーム
    ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
    ③緊急時の連絡先

注意 トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、ホームぺージ、
    ブログで当日朝8時以降に確認するか、電話で問い合わせしてください。
    駐車場は民間のコインパークをご利用ください。

主催 広島干潟生物研究会

共催 科学実験教室 ラボ・オルカ

支援 広島県環境県民局 環境保全課

集合場所地図



お申し込みをおまちしています。

スポンサーサイト
[ 2017/06/08 15:58 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2017年度第2回観察会お疲れさまでした

晴天の5月28日、気持ちの良い観察会を無事終了しました。

今回の参加者は少なめで、82名でした。


お子様たがは、早く干潟に出たいという気持ちがありありでしたので、
会長挨拶、事務局から諸注意もそこそこに、さっそく浜に出かけます。


sizeretouchIMG_2976.jpg


kawasizeretouchDSC_0343.jpg


ここは、島嶼部を除く広島市で、唯一自然海岸の残っている場所で、
浜や磯があり、多様な環境が残っています。

しかも、今日は、潮が -10cm まで引きます。


コアマモの群落も見られ、また石の下にはたくさんのイシガニ、
テッポウエビが発見できました。

貴重は種類もみつけることができました。


晴れているのに暑すぎず、気候もちょうどよかったのも楽しい
観察会となった理由です。

せめて、この環境は残しておきたいですね。



[ 2017/05/29 18:08 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2017年度第2回干潟観察会のご案内

                                 平成29年5月5日 
        平成29年度 第2回干潟観察会
       「潮位-10cm海底に立てるよ」ご案内
                               広島干潟生物研究会 

 
【目的】 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
自然や生物に対する興味・関心を喚起し多様性や環境について学びます。
今回は市内の本土側陸地部で唯一の自然海岸を選び、年間ほぼ最低潮位
での日時ですので、海底のようすを体験できます。

【内容】 年間最低潮位での海底のようす、生きものを観察します。日頃
水族館でしか見ることができない生きものがたくさん見られます。

【日時】 2017年5月28日(日) 午後4時00分から1時間半程度

【場所】 向洋沖町 猿猴川河口東側
  (向洋沖町西北端のロータリーに集合。のぼり旗が立ちます。駐車可。)

【持参物】 タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、
メモ帳、(あれば便利なもの;大型ピンセット、デジタルカメラ、双眼鏡、海岸動物図鑑)

【服装】 長靴、長袖シャツ、長ズボン、帽子

【申込み】 参加費は無料ですが、メールまたは電話で申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
①参加者全員のフルネーム ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
③緊急時の連絡先

【注意】 トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、干潟研の
ホームぺージ、ブログで当日朝8時以降に確認してください。

【主催】 広島干潟生物研究会(733-0812 広島市西区己斐本町1-24-7藤田ビル201)

【共催】 科学実験教室 ラボ・オルカ

【支援】 広島県環境県民局 環境保全課


size8回集合場所


お申し込み、お待ちしています。

[ 2017/05/05 12:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年度第1回干潟観察会無事終了

今年最初の観察会が、天気に恵まれて無事終了しました。

参加申込みがなんとびっくり 112名。
欠席もなんとびっくりたった1名だけ。

しかも申込みなしの当日参加者が8名。

結局、119名にも及ぶ大所帯での観察会となりました。


sizeretouchDSC_0747.jpg


観察会を今日に設定したのは、大潮であり、しかも潮位がなんと-10センチ
メートルにまで下がるほどの絶好の日だからです。
昼間の潮としてはほぼ年間で最低潮位です。

子どもたちはまずおそるおそる干潟に入ります。

今回はじめてカニの図鑑になっている防水プレートを使い、親子で
名前調べをしてもらいました。

見つかったカニは、

ケフサイソガニ、タカノケフサイソガニ、アシハラガニ、ヒメアシハラガニ、
チゴガニ、コメツキガニ、ヤマトオサガニ、ユビアカベンケイガニ、
カクベンケイガニ、フタバカクガニの合計10種類です。

前回教室の子どもたちと出掛けたときに見つかったアリアケモドキが
今回はみつかりませんでした。
やはりもうちょっと上流の方にいるカニですので、ここらには
少ないのでしょう。

ハクセンシオマネキもいるはずですが、穴にかくれて出てきませんでした。

予想以上にハサミシャコエビが多く、けっこう採れていましたね。
そうそう、オキシジミも何個かみつけていました。

こどもたちの生き生きとした目が印象的でしたね。

お父さんもお母さんもこどもたちと一緒に楽しめたことでしょう。

お疲れさまでした。

次回は5月28日(日)です。猿猴川の河口で行いますので、
海の生きものもたくさん見られることでしょう。

またお会いしましょう。

[ 2017/04/29 22:17 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第1回観察会、予定どおり行います

今年(2017年度)はじめての干潟観察会、予定どおり行います。

天気もいいようですね。

参加予定者はなんと112名。

気を引き締めて臨みたいとおもいます。

参加予定者の方は、どうぞ道中気をつけてお越し下さい。

連休ですので、車が多いとおもいます。
余裕をもって出発して下さいね。

また、少々遅れても問題ありませんので、ゆっくりとおいでください。

楽しい会になるといいですね。

[ 2017/04/28 23:43 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)