FC2ブログ
PageTop







2019年度 第2回 干潟観察会のご案内

今年度第1回の観察会を楽しく充実して終えたばかりですが、第2回の観察会を
ご案内いたします。

どうぞお申込みください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年度 第2回 
「干潟生物観察会~干潟の生きものを観察しよう」
ご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広島干潟生物研究会 

【目的】  県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する興味・関心を
喚起し、その多様性やそれらを支える環境について学びます。

【内容】  太田川放水路で干潟の生きものの解説を聞きながら観察し、
生息している生物の種類を確認し、記録に残します。希少種ハクセン
シオマネキをじっくり観察します。

【日時】  2019年5月6日(月) 午後3時15分から午後4時45分

【場所】  広島市西区福島町2丁目
    太田川放水路左岸 新己斐橋下流の東側 河川敷。(新己斐橋と旭橋の中間地点)

【持参】  タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、メモ帳
   (あれば便利;デジカメ、双眼鏡、図鑑)

【服装】  長靴、長袖、長ズボン、帽子

【申込】  参加費は無料ですが、電話番号を添えてメールまたは電話で申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
①参加者全員のフルネーム ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
    ③緊急時の連絡先

【注意】  トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、ホームぺージ、ブログで
    当日朝8時以降に確認するか、電話で問い合わせしてください。駐車場は民間の
    コインパークをご利用ください。

【主催】  広島干潟生物研究会

【共催】  科学実験教室 ラボ・オルカ

【支援】  広島県環境県民局 環境保全課


map_201904232213178c7.png
 


お申込み、お待ちしています。

スポンサーサイト
[ 2019/04/23 22:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日、2019年度 第1回 干潟観察会です

おはようございます。

天気に恵まれました。予定どおり観察会を行います。

団地の中で迷わないように、地図をよく確認してお越しください。

参加希望者はなんと117名です。

少々遅刻してこられても大丈夫ですので、慌てないでおいでください。

 

[ 2019/04/21 10:23 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2019年度 第1回 干潟観察会のご案内

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成31年度 第1回干潟観察会
「市内陸地部唯一の自然海岸に行こう」ご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広島干潟生物研究会 


【目的】 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、自然や
生物に対する興味・関心を喚起し多様性や環境について学びます。第1回目は
広島市内の本土側陸地部で唯一の自然海岸を選びました。潮位は12cmと低く、
海の中のようすを観察できます。

【内容】 市内で気軽に出かけることができる自然海岸に出向き、海辺の生きも
のを観察します。日頃水族館でしか見ることができない生きものがたくさん見ら
れます。

【日時】 2019年4月21日(日) 15:30から1時間半程度

【場所】 向洋沖町 猿猴川河口東側
 (向洋沖町西北端のロータリーに集合。のぼり旗が立ちます。駐車可。ただし、
 トイレがやや遠いので、トイレをすませてから集まって下さい。)

【持参物】 タオル、スコップ、ミニバケツ
 (あれば便利なもの;大型ピンセット、大型シャベル、針金、マイナスドライバー、
 カメラ、ルーペ、メモ帳、双眼鏡、海岸動物図鑑、洗車ブラシ、ビニル袋。)

【服装】 長靴、長袖シャツ、長ズボン、帽子、軍手(またはゴム手袋)
 (運動靴しかない人は、汚れる覚悟で替えのはきものをご準備ください。)

【申し込み】 参加費は無料ですが、メールまたは電話で申し込んでください。
 higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100 (広島干潟生物研究会事務局)
 ①参加者全員のフルネーム
 ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
 ③緊急時の連絡先(携帯電話番号など)

【注意】 雨天中止。微妙な場合は、干潟研のホームぺージ、ブログで当日の
朝8時以降に確認してください。


map_20190329104817cb4.png



 ◆主催 広島干潟生物研究会
 ◆共催 科学実験教室 ラボ・オルカ 
 ◆支援 広島県環境県民局 環境保全課

この事業は、せとうち海援隊の活動の一環です。



[ 2019/03/29 10:48 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2019年度 干潟観察会の予定一覧

広島干潟生物研究会が主催する、2019年度の干潟観察会の予定が
決まりました。

2年に一度のウミホタル観察会も今年行うことになっています。

観察会はすべて無料ですので、どうぞご参加ください。

(宮古島キャンプは実費負担いただきます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
             2019年度 干潟観察会の日程
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             広島干潟生物研究会事務局 
            【E-mail】higataken98@yahoo.co.jp 
              【Tel/Fax】082-274-4100 

 参加するには申込みが必要です。それぞれの回の案内(約1ヶ月前に
「広島干潟生物研究会」のHPやブログで公開)を確認し、メールか電話で
お申し込みください。
 当日は30分前に集合場所に幟旗が立ちます。
 なお、当日の天候が不順の場合に限って、中止か決行かの判断を当日
の朝8時に当研究会のブログ(http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/)に掲
載します。掲載がない場合は、実施します。



第1回 4月21日(日)集合15:30、解散17:00前後  (干潮16:58、潮位-4cm)
 猿猴川河口左岸(潮位が低く海底が見える。普段見られない生きものたち
 がいっぱい!)

第2回 5月6日(㊊)集合15:15、解散16:45前後  (干潮16:45、潮位14cm)
 太田川新己斐橋と旭橋の中間地点左岸(希少種ハクセンシオマネキの
 ダンス観察。)

第3回 6月30日(日)集合12:30、解散14:00前後  (干潮14:03、潮位61cm)
 白島九軒町白潮公園(市内中心部に残された自然の干潟。ここだけに
 いる生き物を探そう。)

第4回 7月15日(㊊)集合19:00、解散21:00前後  (満潮21:15、潮位354cm)
 江田島荒代海岸(ウミホタルの幻想的な発光とアカテガニのお産に立ち
 会います。)

第5回 8月2日(金)~8月5日(月)
 沖縄県宮古島キャンプ(あいにく、すでに満席になりました。補欠候補のみ
 募集中です。)

第6回 9月15日(日)集合15:00、解散16:30前後  (干潮16:29、潮位 57cm)
 太田川新己斐橋上流右岸(塩生植物群落が豊かで、カニや貝も豊富。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【服 装】…… 帽子、軍手(またはビニル手袋)、長靴、長袖シャツ、長ズボン

【持ち物】…… 移植ごて、ミニバケツ
  
 観察時にあると便利:針金(岩のすき間に潜む生き物を引き出す)、マイナス
ドライバー(カキ殻やカサガイ類をはがす)、ルーペ、メモ帳、筆記用具、カメラ、
図鑑。

 観察後にあると便利:洗車ブラシ(汚れた長靴や道具を洗う)、大きなビニル
袋(汚れ物をまとめて収納する) 

 *第4回のウミホタル観察会には、各自で簡単な自作トラップを用意していた
だくことになります。その作り方は、第4回の案内に記述します。  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくさんのお申込みをおまちしています。


                                        (事務局長)

[ 2019/03/29 10:22 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

観察記 終章  (ヒルギ胎生芽  ツメナガヨコバサミ)


ヒルギの胎生芽、そしてキバウミニナの貝殻と思って拾ってきたはずなのにその中に
いたツメナガヨコバサミ。
採取してきてからいつの間にか4ヶ月が過ぎようとしています。

驚きや感激を含みながら長期の観察と記録をしてきました。
南国マングローブの気候、エサ環境の違いにもかかわらず今日まで命永らえています。

でも、落ち葉が舞い散る季節になりましたし、観察にも大きな変化も見られなく
なりました。
当初は簡単な観察記をと思っていましたが、初めて見る相手に知らないことだらけ。
調べることも多々、でも調べてみても分かることは少々。それなのに意外と発見もあり。

今までに長期に亘って観察したり、その上観察記を書くなどの経験もなく、全く素人
同然のつたない記述でしたし、仕事、用事の合間にということもあり日も長くなって
しまいました。
日々ゆっくりと時には詳しく眺めていると知らないこと、分からないことに
色々と気付くものですね。
それを調べるのも大変ですが楽しいものでもありました。
知りたいことはなおありますがこれ以上の大きな事象は多くは望めそうにはありません。

11月20日のヒルギと 13日のツメナガヨコバサミの様子です
DSC07014 T WEB

DSC06964 T WEB

本日をもって観察記を終了いたします。
長きに亘りこのブログ頁を利用させていただきありがとうございました。
また、お付き合いして本ページへ足を運んでくださった方々にも感謝申し上げます。 

終わりの前にささやかな情報です。
「マリホ水族館」、 ご存知で、行かれた方もいらっしゃるとは思いますが。
(広島市西区観音新町4丁目 マリーナホップ内)
小さな水族館ですが結構充実していて近くにあって、大型施設よりゆっくりと見れるし
大型施設では見れないようなものがいたり・・・と私は気に入っています。
2回分の料金で年間パスがもらえるので時間が許せば何度でも入場出来ます。
時間が許せばの話ですが何度も足を運ぶと色んな姿が・・・前回は見れたのに今回は見れなかった、
逆に前回は見れなかったけど今回は見れた・・・と魚たちの様々な姿が観察できるのです。
西表島で見た、 あるいは見れなかった魚もたくさん泳いでいます。
まだ行ったことのない方にはぜひ寄ってみて下さいとお勧めしたいと思います。

広島干潟生物研究会の皆様、西表島キャンプに参加された皆様またキャンプに関心をお持ちの皆様の
ご健闘、ご健勝をお祈りしながら また再会できる日があることを祈りながら
筆をおきます。


  
[ 2018/11/26 23:24 ] 西表島キャンプ | TB(0) | CM(0)