FC2ブログ
PageTop







29日―4  名蔵アンバル

石垣空港着 マリンシューズなど干潟歩きように着替える。
貸し切りバスに乗り、名蔵湾、名蔵川河口へ移動・・・さあ、観察の旅の始まりだ。
1時半(頃)到着。 細いちょっと急な小道をロープを頼りに下ると・・・
ひろ~い干潟に降り立つ。陸側にはマングローブの林が続く。
大小のサンゴのかけら、小さな巻貝、カニ、トビハゼなど
名蔵アンパルだ。
     なぐらあんぱる:漢字で書くと 名蔵網張・・・網を張って漁をする。 網を張って賊を捕らえる・・・
     とかの説が ある   
     亜熱帯気候特有の、八重山固有の、珍しい生き物、動植物が分布している。
      貴重な野鳥の飛来地、生息地(カンムリワシ)となっていて
     2005年(平成17年)ラムサール条約登録地に指定された。

「そーと歩いて」 「そーと岩に上がって」 ・・・覗くとハクセンシオマネキの大群だ
岩と思ったのはサンゴの塊…サンゴ礁の一部のようだ。
干潟を歩く
ヒルギが根を張っている。 小さな芽もある。
DSC05814WEB.jpg

DSC05817WEB.jpg

DSC05820WEB.jpg

DSC05819 MAIL DAI

コメツキガニ、ベニシオマネキ、ヒメシオマネキ、大きなキバウミニナ、小魚、トビハゼ、・・・・
見つけると、見えると、嬌声が上がる。「せんせい、せんせい」「だれかー、網貸して-」
マングローブの中に入ると 干上がった木の根元にキバウミニナが沢山 (日本最大のウミニなの仲間)
これは交接してるの? これはふん、卵?  と色々の観察の声が。  体長約12CM.

DSC05832WEB.jpg

泥っぽい小さな水の流れのところには大きなシレナシジミが。
隊長が捕獲してみんなに示しながら解説。
その後 私は4ヶも見つけた。 4ヶも持つとずっしりと重たい。

DSC05833WEBSHOU.jpg

水辺に戻ると 「さかな、さかな!」 水上を飛ぶ魚の群れ。サヨリ?
見る光景が全てビックリすることばかり

名蔵川の水の中。 山、マングローブ干潟を背景に集合写真を撮る打ち合わせ
集合写真を撮り、 小道を登り、砂、泥だらけの足を洗ってバスに乗り込む。

DSC05835WEB.jpg


私はキバウミニナの貝殻を拾って帰りました
空の貝殻をとよく確認して持って帰ったのに 帰宅して水洗いをと水に漬けていたら動いてる
なんと中からでっかいヤドカリが。5ヶ共生きてる。なんとも奇妙な形をしたヤドカリだ 
さて困った、これを飼うことが出来るだろうか? 体長約10㎝。

DSC06117TR WEB

         お願い:
            記事中 生物、植物の名前が間違っている可能性が多々ありそうです。
            お気付きの方は連絡もしくはCM(コメント)欄にてお知らせ頂ければ幸いです。
            子供達は名前と姿を良く知っている。 しっかり予習をしてきたようだ。
[ 2018/08/09 15:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

本日(9月18日)の観察会、予定どおり行います。

おはようございます。

昨夜は台風18号の影響で、風が強く吹きましたね。

お見舞い申し上げます。

さて、今日の観察会は予定どおり行います。

水位が高いとおもわれますが、安全に配慮して進めたいとおもって
います。

道中、お気をつけてお越し下さい。


[ 2017/09/18 07:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年度第2回干潟観察会のご案内

                                 平成29年5月5日 
        平成29年度 第2回干潟観察会
       「潮位-10cm海底に立てるよ」ご案内
                               広島干潟生物研究会 

 
【目的】 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
自然や生物に対する興味・関心を喚起し多様性や環境について学びます。
今回は市内の本土側陸地部で唯一の自然海岸を選び、年間ほぼ最低潮位
での日時ですので、海底のようすを体験できます。

【内容】 年間最低潮位での海底のようす、生きものを観察します。日頃
水族館でしか見ることができない生きものがたくさん見られます。

【日時】 2017年5月28日(日) 午後4時00分から1時間半程度

【場所】 向洋沖町 猿猴川河口東側
  (向洋沖町西北端のロータリーに集合。のぼり旗が立ちます。駐車可。)

【持参物】 タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、
メモ帳、(あれば便利なもの;大型ピンセット、デジタルカメラ、双眼鏡、海岸動物図鑑)

【服装】 長靴、長袖シャツ、長ズボン、帽子

【申込み】 参加費は無料ですが、メールまたは電話で申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
①参加者全員のフルネーム ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
③緊急時の連絡先

【注意】 トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、干潟研の
ホームぺージ、ブログで当日朝8時以降に確認してください。

【主催】 広島干潟生物研究会(733-0812 広島市西区己斐本町1-24-7藤田ビル201)

【共催】 科学実験教室 ラボ・オルカ

【支援】 広島県環境県民局 環境保全課


size8回集合場所


お申し込み、お待ちしています。

[ 2017/05/05 12:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

平成29年度 干潟観察会の予定

平成29年度(2017年度)の干潟観察会は、次の日程で行おうとおもいます。

カレンダーに予定を記入しておいてください。

申込みは、それぞれ、約一ヶ月前から受け付けます。


第1回  4月29日(土)集合16:15 干潮は17:45で潮位 -10cm
   新己斐橋西詰め北側
   (カニが種類も個体数もたくさん見られます。塩生植物も豊富。) 

第2回  5月28日(日)集合16:00 干潮は17:28で潮位 -10cm  
   猿猴川河口左岸
   (潮位がグンと低くなるので、普段見られない生きものがたくさん見られます。)

第3回  6月25日(日)集合15:00 干潮は16:32で潮位 -11cm   
   新己斐橋東詰め南側
   (スナガニ科の希少種たたくさんみられます。)

第4回  7月23日(日)集合19:00 満潮は22:06で潮位 391cm
   江田島荒代海岸 ウミホタル採集とアカテガニ放仔観察
   (昨年、ウミホタルの光に感動した様子がテレビ放映されました。
   昨年あまり採れなかった人は餌を変えてリベンジを。)
 
第5回  9月18日(月)集合13:00 干潮14:25で潮位 49cm
   白島九軒町白潮公園
   (広島市内にわずかに残された自然の干潟で、ヨシの群落をかきわけて、
   ここにしかいない生きものを探します。)


変更もありえますので、実施日1ヶ月前に公開するこのブログやHPでの
案内をよく見てお申し込みください。

[ 2017/02/09 12:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

南土佐日記 Ⅺ     あきついお    やっすー   

トンボ王国園内・・・季節を追って色んな植物が観察されるようだ。
トンボも種類によって活動時期が少しづつずれるので日を改めれば
もっと違うトンボが見れるだろう。
園内をぐるりと散策して入り口付近に戻る。

四万十学遊館“あきついお”に入る。
    「あきつ」 とは トンボを、 「いお」 とは魚を意味する古い言葉だそうだ。
言葉の通りトンボ館とさかな館とがある、
小さな水族館風の水槽の中には国内外300種の淡水、汽水に住む魚が観察できる。
いた! アカメだ!  でっかいねー。(1mくらいある)。 成る程目が赤い。

トンボ館には採取トンボの展示や、色々な研究資料などが展示されている。
DSC02348 M


まだ十分に時間があるのでトンボについてのビデオを見ていたら
「集合! 早く帰って水遊びしよう」 と声がかかりバスに乗る。
点呼。 全員います。  黒潮町の宿に向かってゴーッ!
[ 2016/08/15 11:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)