PageTop







テレビ局からの電話

今日、ある全国ネットのテレビ局から電話がありました。

広島干潟生物研究会のこのブログに載っているハマガニの記事を
ご覧になって、電話をかけてこられたようです。

動物を対象にした番組のようで、そのディレクターさんのようでした。

たまたま電話を受けたその場にいらしたご婦人がたにお聞きすると、
2人ともご存知で、有名な番組だそうです。


用件は、ハマガニが自然の中で歩いている映像はないかいう問い合わせ。

あいにく写真はたくさんあるのですが、映像は撮っていません。

ハマガニが確実にいるところを知っていますので、まあ撮りに
行こうとおもえば行けるので、

「いつまでにその映像が必要なのでしょうか。」

とお伺いすると、明日までとのこと。

それはあいにくご期待に添えませんとお返事しました。


6,7年前の話ですが、探偵なんとかという番組からハマダンゴムシの
生息地を聞かれ、紹介したところ、落語家か漫才師か忘れましたが
現地に取材に行かれたこともありました。

最近では、私のプライベートのブログの写真をご覧になって
コオロギの赤ちゃんの写真を使いたいと依頼がこの夏にあり、
それは子供向けの科学映画に使われて海外にも出たようです。

去年はダンゴムシの出産の写真を使わせて欲しいとか、、、、。

いろいろあるものですね。

あいにく、どの件も、こういうふうに使ったとかいう報告がないので、
ここでそれをお見せするのができないのが残念です。

                       事務局 MK

スポンサーサイト
[ 2013/11/19 22:45 ] できごと | TB(0) | CM(0)

中国新聞から取材を受けました

昨日(4月23日)、中国新聞の記者が事務局においでになり、
取材を受けました。

会長、kayさんそれに久家が対応しました。


干潟観察会のご案内を送っておいたところ、会の設立の
趣旨や運営方法などに興味を示していただいたようで、取材に
いたりました。

近いうちに紙面に載るようで、記事を見た方から観察会の
応募が増えるかも知れません。

この取材の様子は、同席してくださったkayさんが写真撮影と
逆取材をされていましたので、近いうちにブログかHPに
載るとおもいます。


ところで、28日の観察会の応募状況は、今の段階では、
大人が10名程度、高校生以下が20名程度となっています。
大半がスタッフです。

まだ応募していないスタッフは、メールまたは口頭でも
いいですから、伝えてください。

(文責 久家光雄)
[ 2013/04/24 10:06 ] できごと | TB(0) | CM(0)