PageTop







発足アッセンブリの際のプレゼン

広島干潟生物研究会発足の会の際に、事務局から
プレゼンテーションがありました。

ここにそのまま転載しておきますので、欠席した方は
ご一読ください。

pp1

pp2

pp3

pp4

pp5

pp6

pp7

pp8

pp9

pp10

pp11

pp12

pp13

pp14

pp15


【欠席した方へ】

どうですか。

やる気になりましたか。

これから少しずつ勉強し、干潟観察会で活躍できる人に
なりましょうね。

そのためには、シニアスタッフにどんどん声をかけてください。


【一般の方へ】

一般の方、児童・生徒のみなさんで興味をおもちの方には、このブログを通じて
観察会の日程をお知らせしますので、どうぞふるって参加してください。

広島市内だけでなく、春には少し遠い所への日帰り遠征、
夏には宿泊をともなった遠くへの遠征も企画しています。

参加をご希望の方で予約を入れておきたい方は、メールで
ご相談ください。

higataken98@yahoo.co.jp 広島干潟生物研究会事務局


なお、ジュニアボランティアスタッフとしての参加は受け付けておりません。

あしからず、ご了承ください。
スポンサーサイト
[ 2013/02/19 09:02 ] コンセプト | TB(0) | CM(2)

広島干潟生物研究会設立の趣旨

第一回の会合で配付された「広島干潟生物研究会設立の趣旨」を
掲載しておきます。

広島干潟生物研究会会長 
2013/02/16 

 小中学校で、子どもたちの自然体験不足が指摘されはじめてすでに
久しいが、高校、大学へ進学してくる生徒や学生の自然離れ、生き物
ばなれが顕著となり、さらには若い両親もすでにこの波に飲み込まれ
た世代になりつつある。
 これからの教育を考えるとき、こうした生き物への総体的な体験不
足は、医学や生物学、農学といった生命科学を主軸にする分野での人
材育成にとって深刻な問題であるばかりではなく、工学などの非生命
科学系でありながら自然環境との密接な関係を扱う分野の教育にとっ
ても、あるいは直接扱わないまでも、文学、法学、経済学、教育学な
ど、あらゆる分野の教育にとっても由々しいことと言わざるを得ない。
いわば、人としての営みを遂行するうえで、自然体験不足は大きな問
題として捉えなければならず、その教育を真剣に問い直さなければな
らない状況となってきている。
 幼児期や学童期初期での自然現象や生命現象への感動体験の繰り返
しが、生き物を生き物として認識することができ、豊かな感性を育み、
意欲的、能動的な人間を育てると言われている。幼少期の生き物への
体験不足は、人格の形成にも決して好ましいことではない。いわんや、
生命を直接扱う分野に携わる人においておやである。
 実際に周囲を見渡すと、たしかに野外で子どもたちだけが遊んでい
る様子を見ることはほとんどなくなった。子どもたちの自然体験不足
の原因の一つとして、テレビゲームなどの室内遊戯に目が向いてきた
からだとの説明をしばしば聞く。あるいは中学、高校受験などのため
の塾通いもあるだろう。しかし実際の主要な原因は、安心して遊べる
場所が少なくなり、また子どもを魅了する自然の多くが、この半世紀
の間に子どもの身近から消えたしまったことによるのではないだろう
か。外で遊ばなくなったのではなく、遊べるところがなくなったので
ある。
 広島市は、太田川の三角州を中心として栄えている都市である。太
田川放水路の両岸には、人工的とはいえ比較的広い干潟が存在し、県
庁所在地に広大な塩生植物群落が存在しているのは広島県だけである。
その干潟を干潮時に歩けば、何万個体のチゴガニがはさみを振って迎
えてくれ、子どもたちはそれにじっと見入る。またヤマトオサガニ、
アシハラガニがソソクサと活動しているのを目の当たりにできるし、
石をめくるとたくさんのケフサイソガニが出てきて子どもたちは大騒
ぎになる。橋の上から川面を見れば多数のボラやスズキの魚影がうか
がえ、空を見上げればそれらをねらうミサゴが旋回し、しばしば川に
向かってダイビングする。子どもならずとも固唾を呑んで自然の営み
を目の当たりにすることになる。
 昨年、放水路の干潟に子どもたちを連れ出したとき、希少種のハク
センシオマネキだけでなく、さらに個体数が少ないスナガニが生息し
ていることも発見した。また、別の場所でのハマガニの発見は、おそ
らく広島市内での初記録であろう。都会のまっただ中に、多様な生物
が維持された貴重な場所があったのである。しかし残念ながら、子ど
もたちに生物の多様性を学ばせ、生命活動を感動をもって見させる場
としてはあまり活用されていないようにおもえる。
 わたしたちは、この貴重な干潟にできるだけ多くの子どもたちを連
れ出そうと企てた。そしてそれを継続させたいと考えている。自然こ
そ最高の教育者であり、その教育を受けた若者たちにこそ、世の中の
あらゆる営みを託したいと考えているのだから。


sizetrimretouchDSC00164.jpg

                                       (写真 ハクセンシオマネキ 撮影 久家光雄)
[ 2013/02/18 10:17 ] コンセプト | TB(0) | CM(3)