PageTop







今日の干潟観察会は予定どおり行います

今日の干潟観察会は、予定どおり行います。

13時に己斐橋左岸(東側)にお集まり下さい。

のぼり旗が立ちますので、おわかりになると思います。

往復路で、交通事故など十分にご注意願います。


なお、まだ申し込みなさっていない方は、現地で
受付の腕章をつけた女性にその旨をお伝え下さい。

スポンサーサイト
[ 2013/07/21 09:40 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第4回干潟観察会

干潟観察会の案内です。
ふるってご参加ください。




平成25年度 第4回 
「干潟生物観察会~干潟の生きものを観察しよう」
広島干潟生物研究会 
ご案内

目的 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
   そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する
   興味・関心を喚起し、その多様性やそれらを支える環境に
   ついて学びます。
内容 太田川放水路で干潟の生きものの解説を聞きながら観察し、
   生息している生物の種類を確認し、記録に残します。
日時 2013年7月21日(日) 午後1時から午後2時30分
場所 広島市西区福島町一丁目
     己斐橋東詰め 河川敷 (当日は30分前にのぼり旗が立ちます)
持参 タオル、水筒、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋
   またはミニバケツ、メモ帳
   (あれば便利;デジカメ、双眼鏡、図鑑)
服装 長靴、長ズボン、帽子(必ず)。上着は半袖でも良いが、
   日焼け止め等の対策を。
申込 参加費は無料ですが、電話番号を添えてメールまたは電話で
   申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
注意 開催か中止かは、当日8時までに当会ブログ(http://
   kankyouseibutu.blog.fc2.com/)に掲載予定。
   傷害保険には入りませんので、ケガや交通事故には十分ご注意
   ください。救急箱は用意します。

集合場所



 広島干潟生物研究会は、市民とともに身近な自然に親しもうと結成したボランティア団体で、市内の干潟を中心に月に一回程度のオープン自然観察会を主催しつつ自然のようすを記録し、観察ガイドブックを作ったり、写真展を開いたりしようと考えています。(詳細は「広島干潟生物研究会」のブログ参照)
 スタッフはシニアが約10名、ジュニアが約30名おり、それぞれ得意分野を中心に勉強しながら観察会に備えています。
 なお、観察会員にご登録いただければ、毎回案内をメールで差し上げます。氏名、アドレスを添えて事務局のアドレスにお申し込みください。
 なお、今回のご案内は、西区の小・中・高等学校、公民館及びスタッフの所属する学校を中心に行っておりますが、それ以外の方も参加できます。

 この観察会は一般社団法人中国建設弘済会の助成による「ひろしまひがたの生き物ふれあい事業」の一環です。
[ 2013/07/10 14:23 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第3回干潟観察会の公式記録

         第3回干潟観察会の記録

広島干潟生物研究会事務局 

日 時 平成25年6月23日(日)14:00~15:30
場 所 太田川放水路 新己斐橋下流の左岸
参加者 スタッフ  17名(大人 4名、子ども13名)
    一  般  35名(大人19名、子ども16名)
    合  計  52名(大人23名、子ども29名)
主 催 広島干潟生物研究会
事業名 ひろしまひがたの生きものふれあい事業
助成者 一般社団法人中国建設弘済会
内 容 会長挨拶(川端会長)
    スタッフ紹介・レクチャー・諸注意(久家)
    記念撮影
    2つのブロックで観察・調査(1久家、2織田)
    講評(久家)
生物学上の成果
    1 広島県「準絶滅危惧」、環境省「絶滅危惧Ⅱ類」指定の
     ハクセンシオマネキが群生していることが確認できた。
2 広島県「準絶滅危惧」指定のスナガニの群生が確認できた
    3 広島県「要注意種」指定のハサミシャコエビが確認できた。
4 広島市の市街地の河川全域で減少傾向で広島市「軽度懸念」
     指定のアカテガニが、確認できた。
    5 太田川放水路右岸に多産しているウミニナ(全国的に減少
     傾向)が左岸である今回の観察地では1個体も発見できなかった。
    6 観察会で確認された種
      甲殻類 ケフサイソガニ、タカノケフサイソガニ、アシハラ
       ガニ、ヒメアシハラガニ、アカテガニ、カクベンケイガニ、
       フタバカクガニ、スナガニ、チゴガニ、コメツキガニ、
       ヤマトオサガニ、ハクセンシオマネキ、ハサミシャコエビ
      貝類 マガキ、ソトオリガイ、ツボミガイ、ホソウミニナ、
       フトヘナタリ、ヒラドカワザンショウ、タマキビ、マルウズラ
       タマキビ
      塩生植物 シオクグ、ハマサジ、フクド、ハママツナ,ホソバ
        ハマアカザ
                                (事務局)
[ 2013/07/09 11:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)