PageTop







中国新聞の報道

今日(2014年5月30日)の中国新聞朝刊の広島都市圏面に
わが広島干潟生物研究会の記事が載りました。

実は、ジュニアスタッフの活躍を取り上げていただけるという話でしたので、
その資料を準備して取材に応じました。

もちろん、ジュニア事務局もいっしょうけんめい取材に応じていました。

ところが、そのプレス資料以外にも、観察会当日に参加者にお配りした資料や、
研究発表会資料、あるいはHPなどをご覧になった記者の方が、「太田川デルタは
希少生物の宝庫」であるという流れに変更なさったようで、図らずも、ジュニアでなく
絵にならないシニアスタッフの写真が出てしまいました。

ジュニアのみなさん、活動を継続すれば、近いうちにきっとあなたがたが取材対象に
なるはずですから、これにめげずにがんばってくださいね。


trimretouchR0016671.jpg

ともあれ、記事の中の写真に写った子どもたちのお母さま方からは、喜びの声が
届きました。


スポンサーサイト
[ 2014/05/30 11:53 ] 事務連絡 | TB(0) | CM(0)

どうも、事務局長です。

皆さん、初めまして。
ジュニア事務局長のキャプテン・グレイトです。

干潟研のジュニア事務局の仕事については
代表がどうしても書きたいというので譲りまして、
僕は昨日5月25日に開催した干潟生物観察会についての
記事を書きます


もう既にブログに昨日のことはUPされてますよね?
あ、まだ読んでない?
でしたら義務感をもって、読んでみましょう。

本題に戻ります。実はですね、
昨日の観察会の主催は我々ジュニア事務局も大いにかかわりました。
観察会の開催は初めての仕事で緊張しました。

僕は事務局長としての挨拶を考えていたのですが
言いたいことは全部代表が言ってしまいました。

スタンプカードの説明のために皆さんの前に立った僕ですが、
緊張して何も言えそうになかったんで挨拶で事務局の仕事を
発表した代表に感謝です。

今回の観察会では特に怪我などもなく
安全で楽しい会になったと思ってます。
参加してくださった皆さん、次回も参加してください。お待ちしてます。

1-R0016598.jpg


事務局長 キャプテン・グレイト
[ 2014/05/26 21:15 ] ジュニア事務局から | TB(0) | CM(0)

ジュニア事務局始動!

お久しぶりです。優です。
この度、広島干潟生物研究会のジュニア事務局代表になりました。
ジュニア事務局代表となってからは”はじめまして”ですね。

先日の太田川での観察会からジュニア事務局が本格的に始動しました。
受付や記念撮影、スタンプカードの説明などを自分たちで行いました。
観察会でジュニア代表のあいさつをしていたのが僕です。

40人を超える方々に参加していただきましたが、新たな発見ができたのでしょうか・・・。
次回からの観察会にも参加していただけるとかなり嬉しいです(笑)

さて、事務局長が観察会レポを書いてくれるというのでこの話はこの辺にして、
僕からはジュニア事務局の紹介をしたいと思います。


これまで広島干潟生物研究会はシニア8名、ジュニア26名で活動してきました。
そして今回、ジュニア26名を動かす組織として、”ジュニア事務局”というものが発足しました。
ジュニア事務局の主な仕事は3つあります。

1、観察会関係
 観察会の準備、受付、注意事項や記念撮影を行います。
2、研修会
 ジュニアスタッフがより良い活動をするための勉強会を行います。
 その準備を行います。
3、事務作業
 ジュニア通信の発行、写真展に向けた写真撮影や写真の選定などを行います。

これからはこの3つの仕事をメインに活動します。


まだジュニア事務局のみで行える作業には限界があります。
そこで、シニアスタッフの方々と協力して作業にあたり、
より良い活動を行えるよう努力していきます。

今後予定されている観察会や写真展などで僕たちの姿を見かけることが多くなります。
その時は暖かい声援をお願いします。

DSC_2089-002.jpg
Photo by 優

ハマヒルガオが咲いていました。 

(文責 ジュニア 優)
[ 2014/05/26 20:15 ] ジュニア事務局から | TB(0) | CM(0)

2014年度第3回干潟観察会無事終了

好天に恵まれ、観察会、無事終了しました。

参加人数は、記念撮影後の遅刻者も含めると、42名+数人の幼児+新聞社記者。

太田川放水路の左岸(つまり東側)の新己斐橋の下流で
行なわれました。


1-DSC_2003.jpg

今回は、先日結成されたジュニア事務局の代表と事務局長が
受付、挨拶、注意事項の説明などで大活躍しました。
高校2年生ともなると、なかなかしっかりしています。

ただ、他の事務局スタッフはあいにく文化祭や試験期間中ということで
欠席でした。

見つかった生き物は、おおよそ次のとおりです。

塩生植物
 ハマヒルガオ、フクド、ハマサジ、ハママツナ、ホソバハマアカザ、
シオクグ、ヨシ

貝類
 ウミニナ、ホソウミニナ、フトヘナタリ、ソトオリガイ、クチバガイ

カニ類
 コメツキガニ、チゴガニ、ハクセンシオマネキ、スナガニ(巣穴のみ)
ユビアカベンケイ、モクズガニ、アシハラガニ、ヒメアシハラガニ、
ケフサイソガニ、カクベンケイガニ

などでした。
(説明中心ですので、見落としもだいぶあります。)


大きなスズキの死骸もあったり、スリリングでした。

ハクセンシオマネキのハサミ振りがみんなしっかり見られたのは
感動でした。

次回は、6月15日(日)15:50から、元宇品のプリンスホテル裏の
海岸で行います。

(文責 干潟研事務局)

[ 2014/05/25 19:34 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

明日の第3回干潟観察会行います

                      2014年5月24日

ご参加予定のみなさま

広島干潟生物研究会事務局です。

降水確率が低いことから、明日5月25日の11:50から予定している
干潟観察会は、予定どおりおこないます。

新聞社の取材がある予定です。

なお、申し込まれていない方の参加も受け付けます。

傷害保険の手続きは、会としては行っておりませんので、
くれぐれも、道中気をつけてお越しください。
また、観察中も軍手をするなど、けがにご留意ください。

楽しく、充実した観察会になりますように。

追伸 

観察会の様子や生き物を撮った写真が不足しています。
どうぞ、どんどん撮って、デジタルデータをご提供ください。
写真展で展示させていただきます。
よろしくお願いいたします。

[ 2014/05/24 21:56 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2014年度第2回干潟観察会のようす

観察会の前日は、ずっと天気予報をチェックしていました。

降水確率は80%。

夜にチェックすると、当日の午後の降水確率は60%、夜は40%の予想となり、
多少確率が下がってきていました。
雨雲のようすをチェックしたりしながら、前回雨で流れたこともあり、
悩んだ末に、今回は決行することとしました。


このブログの4月28日の記事にもあるように、

・雨を覚悟で来てほしい

・快適ではないとおもわれる

・自主的に取りやめても可

という言い回しでご案内しました。

参加者はスタッフのみという状況になるであろうと予想していましたが、
なんと、辞退なさった方はお一人と一家族のみでした。

それに応えてか、なんと雨はまったく降らず、ほどよい曇り空となったのでした。
まさに、観察会日和。

「おお、神よ。」

と、おもわず感謝の言葉があふれました。


さて、この日は、江田島市のさとうみ科学館主催の観察会と合同での
実施となりました。

いずれ当日のスナップはお見せできるとおもいますが、とりあえず、
当日観察できた生物の種類をあげておきたいとおもいます。

このリストは、さとうみ科学館のスタッフによるものをベースとして
若干の種を加えています。

ありがとうございました。



魚類
 ドロメ、ダイナンギンポ、ヨウジウオ、ホンベラ、アイナメ、ハオコゼ

甲殻類
 ヒライソガニ、カクベンケイガニ、ヨツハモガニ、ケアシホンヤドカリ、
 ヨコエビの1種、コシマガリモエビ、スジエビモドキ、クロフジツボ、
 イワフジツボ、カメノテ、イソヘラムシ

貝類
 ヨメガカサ、マツバガイ、コウダカアオガイ、タマキビ、アラレタマキビ、
 マルウズラタマキビ、アマガイ、イシダタミガイ、スガイ、コシダカガンガラ、
 アラムシロ、サザエ、イボニシ、レイシ、オオヘビガイ、エビスガイ、
 トコブシ、カラマツガイ
 ヒザラガイ、ウスヒザラガイ、ババガセ、
 マガキ、イワガキ、ケガキ、ヒバリガイ、アサリ、コベルトフネガイ、
 カリガネエガイ、ナミマガシワ
 アメフラシ、クロヘリアメフラシ?、エダウミウシ、ミノウミウシノ1種、
 ヤマトウミウシ、ウミフクロウ

その他
 ムラサキウニ、バフンウニ、アカウニ、マナマコ、イシコ、ヤツデヒトデ、
 マヒトデ、イトマキヒトデ、ヌノメイトマキヒトデ、ナガトゲクモヒトデ、
 ニホンクモヒトデ、トゲモミジガイ、タテジマイソギンチャク、ヨロイイソギンチャク、
 ミドリイソギンチャク
 ムラサキカイメン、イタボヤ、マンジュウボヤ、カラスボヤ、チゴケムシ、
 ミズヒキゴカイ、クマノアシツキ、オオツノヒラムシ、ミノヒラムシ、
 ケヤリムシ、
 ムツサンゴ、アメフラシの卵のう、ウミウシ類の卵のう

塩生植物
 オカヒジキ

海藻
 ウミウチワ、アオサ、ヒジキ、ワカメ、テングサ


漏れたものもあるとおもいますが、参加者の皆様は図鑑などで
上のリストをお調べいただき、確認なさってください。

[ 2014/05/13 12:09 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

2014年度第3回干潟観察会のご案内

次の要領で観察会を行います。

ふるってご参加ください。

annai.png


なお、研究会の今年度の大きな目標は、干潟の生きものや、
観察会のようすなどの写真展を行うことです。

皆様方の写真を活用させていただけたら幸いです。

コンパクトデジカメによる写真でもかまいません。
どうぞ事務局にお寄せください。

特に、お子様の干潟でのようすなどの写真が不足しています。
出してもいいという写真があえば、どうぞよろしく
お願いいたします。

[ 2014/05/13 11:10 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)