PageTop







第8回(今年最後)観察会のご案内

前回の白島九軒町では、70名もの参加があり、たいへんに
うれしく思いました。

あいにく、ヌートリアは見れず、ハマガニは巣穴と足しか見れず
残念でしたが、ヒトハリザトウムシの群生は、キャーキャーいいながら
みんなしっかり見ていましたね。


さて、今年最後の観察会です。

日 時   2014年 10月 5日 (日) 午前11時30分から 午後1時まで

場 所   太田川放水路 己斐橋 左岸 (福島町一丁目)

8回集合場所

持っていくもの タオル、水とう、スコップ、軍手かビニル手袋、ビニル袋かミニバケツ、
          メモ帳 (あれば便利な物:デジタルカメラ、双眼鏡、図鑑)

服そうなど  長ぐつか、よごれてもいいくつ。長ズボン。ぼうし。シャツは長袖がよい。

申込み    参加費はいりませんが、メールで、事務局に、参加者全員の
        ①氏名  ②成人か学生(学校名、学年)か ③連絡先
        を知らせてください。
        higatakenn98@yahoo.co.jp 082-274-4100

天気が不安なときには、当日の朝7時までに、開催するかどうかをこのブログに掲載します。
HPでも見られます。

駐車場は用意していませんので、西広島駅周辺のコインパークをご利用ください。

この観察会は、一般社団法人中国建設弘済会の助成による「ひろしまひがたの
生き物ふれあい事業」の一環です。

スポンサーサイト
[ 2014/09/27 12:55 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第7回観察会が終わりました。

こんばんは。干潟研ジュニア代表の優です。
9月7日、白島の白潮公園で第7回観察会が行われました。

雨続きでしたが、この日は朝からカラリと晴れてくれました。
日差しもきつく、暑い中での観察会でしたが、楽しんでいただけたでしょうか。

集合写真です。
DSC_2404.jpg

今回はなんと約70名の方々に参加していただきました。
毎回恒例のジュニアからの挨拶は今回も実施。ですが、今回は少し背伸びしてジュニア事務局長と二人、
「なぜ我々は干潟を守らなければならないのか」というテーマで話しました。
まあ緊張したことと言ったら過去の比じゃありません。お陰でカンペのお世話になってしまいました・・・

ともあれ、僕も彼も何とか無事に終わらせることができました。
最後まで我慢強く聞いてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

観察の様子も一枚。
DSC04106.jpg
みんな熱心に先生の説明を聞いています。

チゴガニやコメツキガニはもちろん、ヒトハリザトウムシも観察できました。
岩に潜むアカテガニたちと格闘していた子は無事に勝利できたのかな?


次の観察会で今年度はラストです。次回は10月5日、11時30分から太田川放水路の福島一丁目
(己斐橋の左岸です)
で行います。
また正式な案内は追って致しますが、とりあえずフライングということで。


それではまた、次の観察会でお会いしましょう。


[ 2014/09/08 20:44 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)