PageTop







竹屋公民館、三篠公民館で写真展

広島干潟生物研究会のメンバーの撮影による写真が、
公民館で飾られています。

タイトル 「広島デルタのいきものたち」

内容 広島デルタの水辺にすむ鳥、カニ、貝、植物など、
   合計60点の写真をA4サイズに伸ばし、額にいれました。

開始は、竹屋公民館ではすでに始まっており、三篠公民館では
6月1日からです。

それぞれ6月末まで飾られます。

ただし、展示場の都合で、それぞれまず30点ずつを展示し、会期半ばの
6月15日に互いの公民館で交換して残りの30点が飾られます。



竹屋公民館での展示の様子
size640retouchIMG_0604.jpg

size640trimretouchIMG_0605.jpg


お近くの方は、どうぞお立ち寄り下さい。
 
 
スポンサーサイト
[ 2016/05/28 21:57 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)

第2回干潟観察会のご案内

次の要領で観察会を行います。事前のお申し込みが必要です。


目的 県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、
   そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する
   興味・関心を喚起し、その多様性やそれらを支える環境について
   学びます。
内容 広島デルタでもっとも自然度の高い河川護岸での観察会です。
   解説を聞きながら観察し、生息している生物の種類を確認し、
   記録に残します。観察会でお撮りになったスナップ写真や生き物の
   生態写真は、年末の写真展にご提供ください
日時 平成28年(2016年)6月5日(日) 14時15分から15:45(1時間半)。
干潮の時刻は15:45で潮位は-9cm。
   安全のため、干潮の時刻をもって終了します。
場所 広島市中区白島九軒町
   京橋川 神田橋南詰め下流のアシ原(集合は右岸の白潮(はくちよう)公園。
   のぼり旗が立ちます。)
持参 タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、メモ帳
   (あれば便利;デジカメ、双眼鏡、図鑑、カニを引き出すための針金など)
服装 長靴、長袖、長ズボン、帽子(ヨシの群落を横切りますので、肌を出さない服装で。)
申込 参加費は無料。電話番号を添えてメールまたは電話で前日までに申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
   ①参加者・引率者全員のフルネーム 
   ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
   ③緊急時の連絡先

注意 トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、ホームぺージ、ブログで
   当日朝8時以降に確認するか、電話で問い合わせしてください。駐車場は民間の
   コインパークをご利用ください。
   観察会後に現地に残って観察を継続する場合は自己責任でお願いします。   
主催 広島干潟生物研究会
共催 科学実験教室 ラボ・オルカ
支援 広島県環境県民局 環境保全課

[ 2016/05/27 16:10 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

南土佐キャンプ 定員に達しました

2016年夏に予定している「南土佐わくわくサイエンスキャンプ」は、
おかげさまで5月22日ですでに定員に達しました。

7月初旬に一度参加者どうしの打合せを行い、7月末に出発します。

13メートルにも達するニタリクジラに会えた場合、ジュニアカメラマンによる
写真と動画を掲載する予定です。

また、日々の活動の様子もアップします。

どうぞお楽しみに。
[ 2016/05/24 08:52 ] 2016南土佐キャンプ | TB(0) | CM(0)

2016年度 第1回干潟観察会 終了

2016年度の初めての干潟観察会が無事終了しました。

期日  2016年5月8日(日) 15:15~16:45
      (潮位 -19cm 16:45)

場所  広島市西区元宇品 プリンスホテル裏の自然海岸

申込み数   55家族、143名
    成人69名、大学生/高校生2名、中学生11名、小学生46名、幼児15名 

参加者数   52家族、130名

sizetrimretouch_DSC1907.jpg


見つかった主な生きもの

巻き貝 ヒザラガイ、ウスヒザラガイ、ヒメケハダヒザラガイ、ケムシヒザラガイ、
    ババガセ、コウダカアオガイ、マツバガイ、ヨメガカサガイ、ウノアシ、
    コガモガイ、タマキビ、アラレタマキビ、マルウズラタマキビ、コシダカガンガラ、
    クマノコガイ、ヘソアキクボガイ、イシダタミガイ、スガイ、ツメタガイ、
    アダムズタマガイ、イボニシ、レイシ、アカニシ、ムギガイ、アラムシロガイ、
    ウミニナ、ホソウミニナ、シマメノウフネガイ、オオヘビガイ
二枚貝 コベルトフネガイ、カリガネエガイ、ミミエガイ、ムラサキイガイ、
    ホトトギスガイ、アズマニシキガイ、ナミマガシワガイ、マガキ、
    ケガキ、サルノカシラ、トリガイ、アサリ、オニアサリ、セミアサリ、
    トマヤガイ
カニ類 コメツキガニ、チゴガニ、ヨツハモガニ、フタバベニツケガニ、イシガニ、
    シワオオギガニ、カクベンケイガニ、ヒライソガニ、ケフサイソガニ
エビ類 アナジャコ、テッポウエビ、イソテッポウエビ、イソカニダマシ、
   ユビナガホンヤドカリ
魚類 オニオコゼ、ハオコゼ、ゴンズイ(幼)、キュウセン、ホンベラ、
   ナベカ、ダイナンギンポ、アミメハギ
その他 アメフラシ、イトマキヒトデ、マヒトデ、トゲモミジガイ、クモヒトデの一種、
   ヌノメイトマキヒトデ、サンショウウニ、バフンウニ、ムラサキウニ、イシコ、
   マナマコ、ダイダイイソカイメン、ムラサキカイメン、クロイソカイメン、
   ミドリイソギンチャク、ヨロイイソギンチャク、タテジマイソギンチャク、
   オオツノヒラムシ、チゴケムシ、スジホシムシモドキ、イソゴカイ、
   サンハチウロコムシ、タマシキゴカイ、ヤッコカンザシ、
   ウズマキゴカイ、イワフジツボ、シロスジフジツボ、タテジマフジツボ、
   ワレカラの一種、イソヘラムシ、フナムシ、エボヤ、イタボヤ、
   シロボヤ
海藻 アナアオサ、ミル、ウミウチワ、ヤハズグサ、ワカメ、ヒジキ、
高等植物 アマモ


漏れもだいぶあるとおもいます。
   
[ 2016/05/10 11:34 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

明日の元宇品での観察会 晴天の予定です

いま、5月8日(土)午前11:20です。

明日の天気予報を見ると、降水確率は0%ですので、
予定どおり観察会を行います。

プリンスホテルの駐車場は、30分につき200円で、上限が700円だ
そうです。

なお、参加希望者はうんと膨らみ、45家族、116名となりました。
大人気です。


3つのグループに分ける予定です。

A 海の底まで探検し隊 (一般の方、探究心旺盛な小・中・高校生)
  昼間の下げ潮では、年間最高の日ですので、日頃海底に
 なっているところの生きものを探します。

B マイペースで楽しく調べ隊 (小学校中・高学年向き)
  自分で図鑑を引いたり、指導者といっしょに名前を調べたり、
 興味をもっている生きものを観察したりします。

C 海辺の生き物と遊び隊 (幼児、小学校低学年向き)
  ヤドカリを集めたり、きれいな貝殻をひろったり、指導者の
 クイズや課題に挑戦したりします。


それぞれのグループを渡り歩いてもらってもかまいません。
グループからはずれて独自に歩いていただいてもかまいませんが、
先頭のスタッフと最後尾のスタッフの間を行き来して下さい。
集団からはずれると事故などの場合、対応が遅れる心配が
あります。


ご参加のみなさま、どうぞお気をつけて、余裕を持ってお越し下さい。

なお、少々遅刻なさってもかまいませんが、受付だけはちゃんとお願いします。
腕章をしているスタッフを探して下さい。

危険生物であるゴンズイ、ハオコゼを事前にインターネットでチェックしておいて
ください。

良い日となりますように。

[ 2016/05/07 11:33 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第1回観察会(元宇品)のお申し込み状況

今年初めての干潟観察会が、5月8日に予定されています。

お申し込みを受け付けていますが、今日(5月3日)段階で
64名となりました。もうすこし受付できます。

【5月5日追加記述】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月5日段階では87名、34家族となりました。
内訳は、成人41名、大学生1名、高校生1名、中学生7名、
     小学生29名、それ以下8名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

潮位がマイナス19cmという、今年昼間の下げ潮では最大の日です。
おそらく海底が見えような錯覚を覚えるほどになるはずです。

お父さんがたには、石や岩を動かして観察後戻すという作業をお手伝い
いただくことになるとおもいますので、軍手をお持ち下さい。

30cmの大型ピンセット、クリーニングの針金ハンガー、懐中電灯などが
あれば、けっこう役立ちます。

ゴンズイ、ハオコゼという毒をもった魚がいますので、あらかじめ
インターネットでチェックしておいていただくといいとおもいます。

特にハオコゼは金魚のようにかわいいので、ついついお子様が手を出して
刺されることがあります。
これまでの観察会では事前の注意をよく聞いてくださっており、被害は
出ていませんが、何年か前のキャンプで一人刺されました。


お子様の半ズボンや半袖シャツはダメです。
知らないままに擦り傷がたくさんできます。

どうぞ、しっかりと事前に安全対策を整え、その上でじっくりと自然の
妙味をお楽しみ下さい。

いっしょに活動できることを、事務局一同楽しみにしています。

[ 2016/05/03 13:06 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)