PageTop







2014年第4回観察会 感想・少年達の冒険

広島干潟生物研究会のスタッフ・Kです。
今日はたくさんの皆さんと、楽しくすごせてよい観察会になりました(^^)

大人の方々はそれぞれご自分の興味のある生物を観察し
小さなお子さん連れのファミリーは、お子さんの目線で、わかりやすい生物を探していました。

小学校中〜高学年らしき少年達が何人か群れていました。
互いに見知った顔もあれば初対面の子もあったようですが
誰からともなく集まり、大人達から少し離れて
まだ誰も観察していない方へと進んで行きます。
今日初めてみつける生物や珍しい生物を、我こそはゲットせんと、
競い合って、協力しあって、探していました。
(もちろん、このすぐ後ろにはちゃんと大人達もたくさんいます)

思えば、今はこういう場はなかなかなさそうです。
都会に住んでいると「ワクワクしながら進んで行く場所」ってほとんどなく、
下手をしたら一日中アスファルトの上で、地面を踏まない日もあります。

こども達は、
生物そのものとの出会いだけでなく、
新しい仲間や、わくわくドキドキとの出会いも、してくれているのかな、と
とてもうれしくなりました。




P1010374.jpg
スポンサーサイト
[ 2014/06/15 22:40 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/101-68344653