PageTop







干潟研の取り組みが大賞を受賞

わが広島干潟生物研究会は、昨年度助成金をもらうことができ、
その資金で活動を維持しています。

正式には、「中国地方地域づくり等助成事業」といいます。

昨日、助成金を出している「中国建設弘済会」が主催する成果報告会が
開かれ、9件の発表がありました。

だれもやりたがらないので、事務局の久家が発表してきました。

発表のプレゼンテーションを、聴衆や審査員が審査をし、
1件に大賞が、2件に敢闘賞が与えられます。

その結果、わが研究会と「元気さぎしま協議会」が、なんと同点で
大賞に選ばれました。

賞品のデジタルカメラは、1台しか準備されておらず、遠くからおいでの協議会に
渡され、わが会には後日郵送していただけることになりました。


聴衆は約100名で、最もよいと思った発表に1点を投じます。
もちろん、参加していた川端会長と私は自分の発表に投票しました。

選考委員は8名で、それぞれ、一番に5点、二番に3点、三番に2点を
与えます。

gakufuchitrimretouchR0016984.jpg

なぜ、受賞できたか、また後日記事にしたいとおもいます。

そうそう、今日の中国新聞の広島都市圏版に記事が載っています。
ステージで立って質問を受けているのがわたしです。

スポンサーサイト
[ 2014/06/22 15:02 ] 事務連絡 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/104-2b5daf5f