PageTop







干潟研ジュニアスタッフにプレゼント

広島干潟生物研究会のジュニアスタッフたちに、うれしいプレゼントです。

sizetrimretouchIMG_0039.jpg

 このプレゼントに添えた事務局からジュニアとその保護者への手紙の文面を
掲載しておきます。
 ちょっと難しいのですが、おそらく保護者の皆様がお子様に翻訳して
くださっているとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 瀬戸内海を取りかこむ13の府や県、7つの政令市、15の中核市を会員として
取りまとめた巨大な組織である「瀬戸内海環境保全協会」というのがあります。

 その協会は、瀬戸内海の環境保全に関する意識啓発、環境保全への理解と
活動を進めているグループに対し、図鑑や生き物調べの下じきなどを提供する
事業を行っています。

 「広島干潟生物研究会」がこの事業に応募したところ、組織も活動もしっかりしており、
またジュニアボランティアのみなさんの今後の活動がさらに期待できるということで、
支援を受けるグループに選ばれました。

 さっそく先週、図鑑と下敷き、それにルーペが送られてきました。
 ジュニアボランティアスタッフに登録していただいたみなさんに、1セットずつ
差し上げますので、活用してください。

 今後、みなさんに期待されることは、広島干潟生物研究会が主催する観察会、
研修会、研究発表会、写真展などにできるだけ参加しましょう、ということです。

 それだけで十分ですが、もしさらに興味をもった場合、次のようなことを考えてみてください。

 1 図鑑や下じきををなんども開いて、いろいろな生き物の名前をおぼえましょう。
 2 興味をもった人は、何か特定の分野(カニとか貝とか植物とか)を専門的に研究したり、
   カメラを持っている人は干潟の生き物をたくさん撮影したりしましょう。(指導は、
   シニアスタッフが行いますので相談してください。)
 3 さらに自信がついたら、観察会で生き物のことを解説してみましょう。
 4 なお、5年生以上になったら、観察会や写真展などのお世話をしたり、自分で企画
   したりすることのできるジュニア事務局員として活動してみたらどうでしょう。
   (すでに8人が事務局員となっていますが、さらに募集中です。事務局員のこれからの
   活躍ぶりは、新聞に取材される予定です。)
 5 事務局では、研究会のマークを作ったり、HPを更新したり、いろいろボランティアを募集
   しています。やってみたい人は相談してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあ、固いこといわずに、もらった図鑑や下じきをじっくりながめていれば、
自然に覚えてきますね。

虫めがねも、大事に飾っておいたりせず、どんどん野外に持ち出して
もらえればいいですね。

自然をともだちにするきっかけになるとおもいます。

瀬戸内海環境保全協会に、お礼申し上げます。

                         事務局

スポンサーサイト
[ 2014/07/18 12:18 ] サポート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/110-6f5c9ed8