PageTop







平成27年度 第3回干潟観察会のご案内

先ほど、第2回の観察会(白島九軒町)のご案内をアップしたばかりですが、
引き続いて、第3回の観察会(有明海一周)もご案内いたします。

第1回の観察会(5月17日)の際に参加者の皆様に、また、その後口コミや
チラシで話が伝わったようで、すでに8名ほどの方がお申し込みになっています。

まだ今日(5月25日)段階では入れますので、ふるってご応募ください。
成人だけでの参加も歓迎します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
平成27年度 第3回干潟観察会(有明海一周)のご案内 
                               2015/05/17
広島干潟生物研究会

日本一の干潟 有明海で自然はかせになろう

 本年度の特別企画として、以下の要領で有明海一周(2泊3日)の合宿を
行います。豊かな大自然の中で、自然や生きものたちの営みに触れ、異年齢の
集団生活を通して人間関係を学び、さまざまな知恵や勇気をつけ、感動を
味わいます。この夏は、もうこれだけで十分です。

7月31日(金)
 広島駅7:57~(新幹線)~新水俣~(海上タクシー)~御所浦
                   【泊:小学校の廃校利用の交流センター】
  船は、特別に「白亜紀の壁」(下の写真)の真下を通ってもらいます。
  この巨大な地層は大シャッターチャンス。写真コンテストで上位がねら
  えます。夕方には、化石採取を予定。持って帰るのがたいへんなほど
  確実に化石がとれます。夕食の海産バーベキューは最高。

8月1日(土)
  島内で、白亜紀資料館見学、巨大アンモナイト見学、伝馬船体験
 御所浦~(海上タクシー)~本渡港~(バス)~二江港~(バス)~
 雲仙地獄 【泊:雲仙湯本ホテル】

  イルカウオッチング(200頭が船のすぐ横に!)、火山学習。

8月2日(日)
  雲仙岳災害記念館~鹿島~水産振興センター・海遊ふれあい
 パーク(佐賀県)~博多~(新幹線)~広島駅19:34

  有明海ならではの生きものをしっかり観察します。海遊パークでは
 クリーミーなシルトにくるまれます。気分はムツゴロウ。また、本物の
 シオマネキやムツゴロウを観察します。新鮮な有明名産も買えます。

募集要項

1 申し込み資格
 協調できる小学生以上。成人だけでの参加も可能。
 ただし、小学1年~3年生までは保護者同伴のこと。
 なお、成人の方には小学生の生活上の指導等を分担して
いただきます。

2 申し込み方法
 メールで、全員の氏名、ヨミガナ、年齢、学校名、学年、
 緊急連絡先を申し込んで下さい。
 締切6月20日(ただし先着順で定員20名で締め切ります。)
   higataken98@yahoo.co.jp
問い合わせ先
    082-274-4100(干潟研事務局)

3 経費
 中学生以上65,000円、小学生52,000円。
 (この中には交通費、宿泊費、食費、見学料、保険料など
すべて含まれています。なお見学料、保険料等を補助する
予定ですので若干下がる見込みです。)

4 説明会
 7月5日(日)19:00から西区内の干潟研事務局で。
(参加予定者に個別に追ってご案内します。)

この事業は、中国建設弘済会、マツダ財団の助成を受けて行うものです。

有明地図


以下のスナップは、前回(2011年)の時のものです。

案内用スナップ
スポンサーサイト
[ 2015/05/25 15:02 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/132-43dff58e