PageTop







有明キャンプ ヤスさん旅日記 12

旅日記に入る前に、、、、

忙中閑あり?
旅をした後は訪ねたところをもっと知りたくなるし 関連情報があれば気に
なりますね。
テレビ番組表に 天草、佐賀鹿島干潟遊び、などという字があるとぱっと目に入ってくる。 
先日は御所浦が写りましたし、昨日の「ひるぶら」は鹿島での干潟泥遊びでした。
その時間には見れないのでまずは録画し後でゆっくり見ますと、それは
懐かしい泥とムツゴロウ、そしてものすごい泥遊びと潟相撲などの姿でした。


旅日記 ⑫

さて、弁当を食べながら鹿島市を通過し、小城市 佐賀県水産振興センターに到着。
土手上から干潟風景を展望す。(六角川という川が有明海に入る河口部らしい)

なんでも3,4日には大会、セレモニーがあるので8月2日に使用することに難色が
あったようだが、ちゃんと市からの許可を事前に得ていたので安心。


size5490 PANORAMA

画像 :  左の葦原が切れて 歩廊がかすかに見えるところが潟遊び体験場


sizeDSC05492.jpg

画像 :  1枚目の写真の中央右、船の手前の潟を望遠でパチリ。
      沢山のカニに交じってムツゴロウの姿も数匹見える(みえますか?)


センターに戻り水産展示館で魚類、漁具などの展示を見る。
へ~、ムツゴロ-はこんなに深い穴の中に住んでいるんだ、カニより余程
深そうだ。(深さ1~1.5mあり出入り口は上部に2ヶ所ある。T字型)
そして職員さんから有明海の事を聞く。
質問タイム・・・低学年の子が盛んに質問する。なかなかすごい。職員の
お兄さんもたじたじだ。 私の質問はタイムアウトで出来なかった(;;)/

水着に着替え、水足袋を履く。
これがまた初の体験だ。とにかく履きにくい。 悩んだ子も多かっただろう。
水足袋・・・ほとんどの方がご存知ないだろうからちょっと説明。
地下足袋(これも知らない方があるかな?)のように ゴムで出来た足袋だが
足首のこはぜで止める部分が靴下のようにゴム編み状になっている。
それもしっかりした強さだ
このゴム編みの部分に上手に足を通していかなければならないがこれが中々
スムースにいかない。そしてうまく通っても足部分がまたきつい。

「がたスキーの板」を倉庫から出してもらい二人がかりで抱えて堤防上へ。
がたに入る前の注意を聞く

去りつつあったアマチュアカメラマンらしき年配の3人組が我々の水着姿を
見付けて戻ってこられた。  「これから干潟遊びですか?」

スポンサーサイト
[ 2015/08/28 19:50 ] ヤスさんの旅日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/153-5f0466db