PageTop







有明キャンプ ヤスさん旅日記 14(最終章)、15(えぴろーぐ) 

旅日記 ⑭  (最終章)

フレッシュマートえはらに寄りみやげものの選定。 何もないが何でもある、
有明ならではの海産物もある小さなスーパーの感じの店だ。

むつごろうの焼き物、わらすぼの干物、うみたけの粕漬け、真ガニ漬け、
うみたけの生、菓子、スイカ・・・など
有明にしかない珍しいもの。食べ方がわからぬまま前者4品を買った。
(だが、我が家の女将は気持ち悪がって料理をしてくれなかった。まったく
わらすぼなんてエイリアンだよ。それに干物独特の匂い。
焼いて食べてみたらなかなかおいしかったけど。)


sizeretouchDSC05556.jpg

sizeretouchDSC05560.jpg

画像 ワラスボ 全長36cm

 
バスは福岡都市高速を走る。福岡空港が見える。間もなく博多駅だ。
子供達が三日間の感想、予定の達成度などを発表。「この経験を生かします」

団長が各行程での良さを5段階評価でアンケート質問をする。
化石採りは楽しかった? バーベキューはおいしかった? イルカウオッチングは? 
雲仙の宿は良かった?・・・ 干潟は? 
「とてもよかった」 「よかった」・・・と大半が良かった以上に挙手。

最後に外野から追加質問。 「団長のガイドと説明はどうでしたか?」 
これには全員「とてもよかった」に挙手。 みんな正直だ!

運転手さん、すっかりお友達になった若い人気者の添乗員役さん、そして
ジュニアリーダーの女子をはじめとする中学生のお世話係さんたち、
ありがとう! 拍手!!

博多駅前着。 バスのトランクから荷物を出し路上に並べる。 
みんな沢山の荷物になっているがそれでもさっさと自分の荷物を取り上げる。
みんなわすれものはないな? 
お~~い、残ってるぞー、大きなのが二つ。 なんだよ、これは成人のだ!

それにしてもみんな大荷物になっている。
キャリアに、トランクに、一番大事な?おも~~い化石も入っているんだ。
そしておみやげも。 買い物袋も破けそう。

改札口近くで列車を待つまでの一時、博多ラーメン食べるには時間が無さすぎる。
売店で楽しむ。

のぞみは東へ。広島へのはやる心。それでももっと早くとスイカが前に向けて
転がりだす。「早く捕まえろ!」

博多から広島はあっという間。
改札を出るとお父さん、お母さん、お爺さん、おばあさん達がお出迎え。
三日間の別れの後の ほっとした安堵感と笑顔が見える。

解団式。 整列、点呼。
「怪我も病気もなく元気に帰ってきました。」「また、元気で会いましょう。」
団長さん、ツアーガイド役さんの笑顔も爽やか。
「お疲れさまでした。お世話になりました。ありがとうございました。」

感激の余韻。

何となく去りがたい気持ちを抑えながら家路へと向かう。
「干潟で楽しかった笑顔と元気を普段の生活の中でもいつまでもね」



旅日記 ⑮  えぴろーぐ

チョロット書くつもりがなが~~~い三日間になってしまいました。
それだけ私には興奮の三日間でもあったのです。
子供達も又同じだったと思います。
同じ興味、関心を持った小1から中3までの団員達との旅。 
会社の慰安旅行、団体での同年代の人との旅、ツアー会社募集の旅などでは
味わえない本当に素晴らしい旅でした。

大半の学校では夏休みも終わり、学校も始まっているでしょうね。
素晴らしい体験をしたこの夏、これからいろんなところで化石や、
見たこと、したことを生かせれるよう活躍してほしいものです。 
元気な笑顔で。

60年前に小学校を卒業した私はみんなの姿を参考にしながら貝類の化石、
恐竜の事をもう少し学んでみたいと思います。
取りあえずはいろんな人に化石を見せて説明をしてますよ。(笑)
またいつか、そして干潟で会える日を楽しみに!  
皆さん、ありがとうございました。          了

スポンサーサイト
[ 2015/08/31 19:29 ] ヤスさんの旅日記 | TB(0) | CM(7)

旅日記の連載をありがとうございました

旅日記を15回にわたって連載いただき、ありがとうございました。

こうしてブログ上に記録に残していただいたことはたいへん有益で、
インターネットが使える環境さえあればいつでもどこでもどなたでも
見たり読んだりして振り返ることができます。

わたしも読ませていただきながら、あれこれ思い出しては感慨に
ひたっています。
よくみんな協力的に、ルールを守り、自分の目当てを意識しながら
楽しく旅を作り上げてくれました。


さっそく参加されたみなさんにメールで旅日記の完結をおしらせします。

また来年もさらに充実した旅を企画いたしますので、どうぞ
ご参加くださいませ。

ヤスさんに心から感謝いたします。
お疲れさまでした。



[ 2015/08/31 19:48 ] [ 編集 ]

全部、読ませていただきました。
3日間の思い出が鮮明に蘇ってきて、改めて「充実した有明だったな!!」
と振り返ることができました。

ヤスさん、ありがとうございます(´▽`*)!!

[ 2015/09/01 18:19 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!

おっくーさん、   
3日間の旅、そして長~~い旅(日記)お疲れ様でした。
初めて見る、するの連続で楽しかったですね。
これらの体験を一助として大きな花が咲かせられるよう、
また実となるよう祈っています。
[ 2015/09/02 09:45 ] [ 編集 ]

有明海また行きたいです!

ヤスさん旅日記、全部読みました。                              読んでいるといろいろ楽しいことを思い出します。
今回の旅はすごくおもしろいことがたくさんあって、忘れてはいなかったけど、さらに思い出します。

おもしろかったです。
ありがとうございます。
[ 2015/09/04 21:35 ] [ 編集 ]

AWO 君へ

長~い旅思い出しながら読んでくれありがとう!
3日間楽しかったですね。
ほんと又行きたいです!
もっと上手に化石が取れるかも知れない。
3日間天気も良くてラッキーでしたね。

[ 2015/09/05 09:28 ] [ 編集 ]

楽しかったです

一番思い出に残ったのは、イルカウオッチングです。
2番目は、海鮮バーベキューです。
3番目は、干潟体験です。

また来年もみんなと一緒に楽しみたいと思います。

みんな、また来いよ。

ヤスさんもまたご一緒しましょう。





[ 2015/09/05 15:16 ] [ 編集 ]

shunya君へ  

船の前後、左右と次々と沢山のイルカが泳ぎ壮観でしたね。
「あそこにいる!こっちにも!」「わー!群れが!」「子供連れてる!」
「えさをくわえてるよ、自慢そうに見せに来てる!」と思わず歓声でした。

それにしても今「予習をもう少ししっかりとしていれば、もっと楽しかったかな?」と反省もしています。

次の機会にも一緒出来ればいいですね!


[ 2015/09/06 11:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/157-896bc6b5