PageTop







娘をひとり送り出した母からのメール

天気に恵まれた南土佐キャンプを無事終え、事務局はホッとしています。
保護者からの感想がぼつぼつ寄せられていますので、転載させて
いただきます。

小4の女子をひとりで送り出したお母さまからのメッセージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キャンプでは大変お世話になりました。ありがとうございました。

本人、とても楽しかったようで、土産話をしてくれるのですが、
次から次に起こった楽しかった出来事を伝えようと、気持ちが焦るようで、
何だか物凄く慌ただしい土産話を聞かせてもらいました。

こちらは質問をする隙もなかったので、今日辺り、もう一度
落ち着いて土産話を聞いてみたいなと思っているところです。

先生を先頭に子どもたちがフェリーから下りてきたとき、2泊3日で
築かれた一体感や子供たちのたくましさを感じることができ、
本当に行かせて良かったと思いました。

こちらでも、キャンプ中、親心が暴走してしまうという
小さな事件がありましたので、またお会いしたときに笑い話を
聞いて頂ければと思います。

昨日より自由研究に取りかかりました。
なかなか思うようなデータが取れず、本人いわく「先行き不安…」ですが、
また、ご指導いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

2泊3日、ハードスケジュールでしたのでお疲れのことと思います。
どうぞご自愛ください。

大変貴重な体験をありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この子は女子の班長を務めてくれました。

さいわい、同学年の幼なじみを誘っての参加でしたので、
不安もなく、堂々とやりとげてくれました。

行きのフェリーの中では、初対面で緊張感のあった小1の女子や
小3の女子を「花いちもんめ」に誘い出し、すぐにうちとけるという
離れ業をしかけました。

いやー、たいしたもんです。

おかげであとあと、女子の団結がいっそう強固になりました。


sizetrimretouchIMG_1118.jpg


その小1の女子は、絶対お母さんといっしょでないと寝られないと
言っていましたが、なんのことはない、2晩ともちゃんと女子6人で
ぐっすり寝ていました。

案ずるよりも産むが易しですね。

スポンサーサイト
[ 2016/08/02 21:22 ] 2016南土佐キャンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/217-13e082a7