PageTop







南土佐日記 Ⅷ   黒潮町      やっすー   

長い海岸散策路でしたね。 みんな暑さの中でつかれていないかな?
お土産屋で貝製品などの飾りを見たり買ったりしてバスに乗り込む。
点呼! みんな揃ってます。

宿泊地へ向けてバスは走る。 約1時間。
初めて見る四万十川、 そして橋を渡る、
黒潮町「であいの里蜷川」着。 「こんにちは!」 「お願いします」
廃校になった小学校を利用した宿泊設備。
「いらっしゃい!」 地元のお母さんたちが出迎えてくれる。
子供男子、子供女子、成人男子、成人女子の4部屋に分かれ
荷物を置く。
夕食まで時間があるから川遊びに行きまーす。
水着に着かえて出てきて下さい。

道と田んぼを隔てた先にある川へ。丁度堰があり流れの緩い浅瀬になっている。
すぐに水遊び、水かけ、泳ぐ子も、キャー、わー、バチャバチャ。
宿で借りた網をもって魚を追って上流に行く子も。
テナガエビがとれた。小さいけどドンコ、カワエビ、モクズガニもとれた。
私は持参の折り畳み式の網をもって川の中へ。 モクズカクニガニ、小さいけど1匹ゲット。 
川岸にはハグロトンボがヒラヒラト舞う。 
あー,水浴びは気持ちよかった。

外ろうかに物干し用のロープを張りました。これで水着も洗濯物も干せる。
後で聞くところによると女子ルームでもロープを張って水着などを干していたとか。
すばらしい!
(ロープを持たせたお母さんが素晴らしいし、室内に張れた子もすばらしい)

7時過ぎ集合(少し集合が遅くなってしまった) 今からと 明日の予定を聞いて
夕食。 地元のお母さんたちの手作りの料理がおいしい。

夕食が終わってまず女子成人が入浴。次に男子成人が入浴
それを待つ間子供たちはビーチボルで遊ぶ。
はじめはバレーボルのように打って遊んでいたけど しばらくして覗いてみると
ドッチボールのようにボールを投げながら追いかけっこをしてる。
広い体育館と舞台まで使って走り回って大汗かいてる。  おお!、みんな元気だ!
DSC02302 M

22時消灯。 
お母さんと寝るとか、 お兄さんたちと一緒の部屋がいいとか、 ちょっとのハプニングは
あったようだけど思いがけないびっくりの結果になり静かになった。

成人たちは今日の反省と明日の予定段取りのミーティング。
色々の情報連絡で花が咲く。

初めての旅でハラハラ、ドキドキだった子たちもいただろう。
でも初体験と感激の一日であったろうみんな。
心配しながら留守を守るご家族たち。
キャンプ1日目の夜は静かにふける。


スポンサーサイト
[ 2016/08/11 11:22 ] 南土佐日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/227-242a8aca