PageTop







トンボ王国 に関連して ちょっと挿入   ヤゴ        やっすー  280815

さてみなさん、 トンボ王国では色んなトンボが飛んでるのが見れましたね。
ところでトンボはトンボになる前どんな姿をしてるのでしょう?
そう、「ヤゴ」と言って 水のなかにいる昆虫の姿で育っているのですね。
トンボ王国ではトンボの子供時代のこのヤゴは見れなかった
だが丁度この時期 我が家のビオトープ? 池にいるヤゴが羽化したようです。
ここに広島のトンボ国の紹介をしてみましょう。

6月下旬 金魚の小さいのを買ってきて池に入れました。
少し時間をおいて行ってみると、なんと1匹下に沈んでいる。
「どうしたの?  具合悪いの?」 とよく見るとヤゴが食いついている。
改めて今年もヤゴがいることを認識確認しました。 

そして、おおーっ! 自分(ヤゴ)と同じくらいの大きさの魚でも捕まえるのだ。
沢山いたメダカがいなくなったと思ったらヤゴにやられたのかもしれない。
“にっくきヤゴ。” でも貴重なトンボの子供。 退治するわけにもいかない。
そばに叩き落した蚊の大きさと比較してください。
R0015385 M

7月半ば シオカラトンボが飛んでいました。  そうかシオカラトンボのヤゴか。
でも、な~~んか大きさが大きい。 体長約」45㎜
R0015471 M

8月12日 オニヤンマが飛んでいました。  
そして抜け殻も発見。  どうもこのヤゴは オニヤンマらしい。
R0015473 M

水から上体を出しているヤゴ。 ・・・水の外の様子はどんなんだろう?
空気の中でもちゃんと歩けるかな? 
ちゃんと止まって脱皮するところがあるかな?・・・と偵察中なのかな。
R0015464 M

別の水槽のところでは オニヤンマが産卵をしていました。
R0015423 M
スポンサーサイト
[ 2016/08/15 13:15 ] 南土佐日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/231-d14e75b8