PageTop







南土佐日記 Ⅻ   水遊び    やっすー   

17時頃、 予定より早く宿に戻る。
「水遊びをするからすぐ水着に着かえて出てきてください。
今日は堰の下側にも行ってみましょう。 そこにてながえびがいる。」 
と、塾長が張り切っている。

堰の下グループ、 上グループ、 上流グループと散らばる
ウナギがいますか。 ドジョウはいませんか?  ・・・今日は丑の日です。
そうだ。かば焼きの元をまず捕らねば、と張り切るが、さて・・・
ドンコの中くらいは捕れたけど。
堰の下ではわいわいと・・・テナガエビがもう3匹もバケツの中にいる。

私はエビを捕まえては別のバケツに入れる。
高1のT君が「エビがこんなにとれるんですねー」とのぞき込む。
「捕りにいこうよ」 と誘い水の中をざぶざぶと。
木の葉や木くずなどがたまっているポイントにて「網をこちら(下流側)に置いて、
上流から葉の上を軽くたたきながら網の方に追ってやる。」
「網を上げる」 と「うわー、捕れてる。ピチピチはねてる」とビックリ。

4歳のW君がバケツの中に手を突っ込んでエビを捕まえて遊んでいる。
「一緒に捕ろうよ」と誘うと喜んで水の中へ、バシャバシャ。
先ほどと同じ要領で 「こんな風にやってごらん」
網を上げると数匹がピチピチ。W君も大喜び。

60年前の鮒採り、ごりんどう採りを思い出しながらの水遊び。
最近は身近にこんな環境がなくなったよね。
しっかりと水に浸かったり、 石を動かして魚やエビを追ったり、水かけあったり。
それぞれがいい経験になっただろう。
そろそろじかんだよ~~。

夕食。集合時間前にみんな揃った。
「食事が終わったら班長はみんなの水着を集めて持ってくるように。
すすいで脱水機にかけてあげるから。」
そうだ、明日は水着着て出かけるんだ。 乾いてなかったら悲惨なことになる。
「先生、今日のお風呂は男子を先にしてください」 
「了解。 男子成人、女子成人、 男子、 女子の順番とします」
夕食前の情景。  夕食のごちそう。  捕ってきたテナガエビの唐揚げ(残り)
SDSC02371

DSC02368 S

DSC02370 S

DSC02364 S

成人が風呂に入っている間今日も子供たちは体育館で遊んでいた。
南国の星空は奇麗だろうと期待してたが今夜も雲が多くよく見えない。

キャンプ2日目も無事何事も起こらず、充実した経験が積み重なったことだろう。
にっき30日  ○ いんしょうにのこったばしょやかんどうしたこと 
         ○ あたらしくできたともだち
         ○ じぶんなりによくできたこと
        ○ あしたからなおしたいこと
それぞれ寝る前に書いたかな? どんなことかいてるだろうか?
静かに夜が更ける。

成人は 今日の反省と明日の段取りのミーティングをして おやすみなさい!
スポンサーサイト
[ 2016/08/16 11:32 ] 南土佐日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/233-295adcf6