PageTop







南土佐日記 ⅩⅨ(最終章)     帰港 解散       やっすー   

談笑しているうちに船は音戸大橋の下をくぐって呉港へ
呉の景色を眺めながら三日間を振り返り色んな思いが流れゆく?
DSC02449 M

2階デッキより着岸の様子や車が下りてゆく様子を見下ろす。
こんな景色は滅多に見れない。
すっかり仲良くなりました。もっともっといつまでもみんなと遊びたい。
DSC02460 M

呉港出港。夕日がきれいに沈んでゆく。
捕まえた!  夕日よ沈むな!
平清盛は扇で沈むのを止めた。私はクレーンで釣り上げて止める。
DSC02464 M

広島港に近づく
夕闇がせまって 街に明かりが灯っている。
わが子を見つけてほっとする様子のご家族たち。
DSC02472 M

下船して迎えの家族の顔を見てほっとしながらくつろぐ隊員たち。
DSC02473 M

班ごとに整列。 点呼。全員います。
「事故も怪我病気もなく 元気に無事帰ってきました。]
「それでは第一日目に決意した目標と その成果をご家族の前で発表してください」
「みんなと仲良くしました。」 「絵をかきました。」 「 写真をたくさん撮りました。」などなど。
計画を達成した子も もう一息だった子も みんな元気にしっかりはっきりと発表しました。

「はい、 ご苦労でした。 それではこれで解団します。 気を付けて帰ってください」
「塾長さんありがとうございました。 お疲れ様でした。」
三々五々迎えの親たちと沢山の土産話とお土産品を提げて家路に向かう。

三日間で初日の印象とはずいぶんと違った感じ、大きくなった感じのみなさん。
見たことしたことを思い出しながらそれを有効に生かしながら元気で夏休みを
過ごしましょう。

初体験と感動の三日間でした。 
わかい(う~~と若い)子たちの活力と行動力を貰い私も元気にすごしましょう。

はて? さて? 私の迎えはどこに?  ・・・いるわけないよ!
仕方ない一人電車に乗って帰るか。   
広島港から電車に乗るのって何年振り?いや何十年ぶりだろうか?
広島に帰っても見知らぬ景色を眺めながらの帰途。
また一緒に旅が出来るといいですね。    おやすみなさい!

(3日の旅が20日もかかってしまいました。 興奮ももう落ち着いてきているでしょうね。 
ご容赦のほどお願いします。 
また誤字、誤植 誤った記載もあるかと思います。ご指摘いただければ幸いです。)

夏休みも終盤ですね。まだまだ暑いので気を付けて過ごしてください。      
                                               了

スポンサーサイト
[ 2016/08/20 16:14 ] 南土佐日記 | TB(0) | CM(1)

やっすーさんへ

長い長い旅日記、お疲れさまでした。

ほんとうに当時の様子が走馬燈のように頭に浮かびます。

子どもさんを送り出した家族も、解散式で、わが子の成長ぶりを
ごらんになって、さぞかし喜んでおられたことでしょうね。

今回書いていただいた南土佐日記は、ネット環境があればいつでも
見ることができますので、最高のプレゼントですね。

ありがとうございました。


[ 2016/08/20 23:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/242-3922770f