PageTop







太田川放水路でよく見かける生き物たち

今日は、下見会に行ってきました。

昨日は暖かかったのですが、一転今日は風も強くけっこう寒かったです。

ですから、カニたちはまったく出ていませんでした。

今日は塩生植物を2種類載せておきます。
ジュニアの皆さんは、覚えてくださいね。

これは、ハマサジです。

浜に生えている植物で、スプーンのような葉ですから、ハマサジ。

size2retouchDSC_1681.jpg


今はこんな姿ですが、そのうち株の中央から茎がすくっと伸び、
9月ごろに黄色い小さな花をたくさんつけます。

環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
それほど全国で減っています。

花はかなり小さいので、撮影にはマクロレンズか接写リングが必要です。
それに、風よけのカーテンもあったほうがいいですね。

二人ひと組で撮るといいでしょう。
可憐な黄色い花の画像、ぜひ欲しいところです。


そのすぐ隣りにミニタケノコが生えていました。

これは、ヨシの芽生えです。

sizeretouchDSC_1684.jpg

sizeretouchDSC_1683.jpg


地下茎で増えるので、まさにタケノコそっくりです。

この時期に干潟を出歩くことはあまりないので、これまで見落として
おり、撮影したのは今回が初めてです。

植物は、季節によって姿がかわるので、見落とさないように注意が
必要ですね。

                      (2013/03/11 文責 久家光雄)

スポンサーサイト
[ 2013/03/11 00:07 ] レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/26-ee741599