FC2ブログ
PageTop







2018年度、第1回干潟観察会の結果

今年度最初の干潟観察会が、猿猴川河口で行われました。

sizeretouchIMG_5393.jpg


参加者は106名で、成人47名、中学生11名、小学生40名、幼児8名です。


汗ばむほどの好転に恵まれ、楽しいひと時を過ごすことができました。

貝類では、アサリ、ムラサキイガイ、ソトオリガイ、ホトトギスガイ、
カリガネエガイ、マガキ、マテガイ、コウダカアオガイ、コガモガイ、カラマツガイ、
イシダタミガイ、スガイ、タマキビ、アラレタマキビ、マルウズラタマキビ、
ホソウミニナ、アラムシロなどが目に付きました。コノハミドリガイをはじめとした
ウミウシ類も2,3種見られました。

甲殻類では、ケフサイソガニ、タカノケフサイソガニ、イソガニ、ヒライソガニ、
カクベンケイガニ、モクズガニ、コメツキガニ、アナジャコ、テッポウエビ
などが見られました。

魚類では、ナベカ、ギンポ、ミミズハゼ、その他種名は不明のハゼ類もいました。

その他では、ダイダイイソカイメン、タマシキゴカイの卵のう、ゴカイ類各種、
ホソイカリナマコ、クシクラゲの仲間も見つかりました。


その他にもたくさんの生きものを見つけていたようです。


アラムシロがカキのむき身に集まってくる実験も、興味関心をもって
見ていただきました。


暑い中、たいへんにお疲れさまでした。


次回は、5月27日(日)に、新己斐橋の西詰め、北側で行う予定です。

申し込みをお待ちしております。



スポンサーサイト
[ 2018/04/30 20:01 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/274-3bb4260e