FC2ブログ
PageTop







今年第2回目の干潟観察会

今日は、新己斐橋のたもとで、今年第2回目の干潟観察会を
行いました。

新己斐橋は、広島電鉄の路面電車が太田川放水路を渡る
ところの橋です。

その橋からやや上流部、約100メートルあたりに人工干潟が作られて
います。

ここには、アシ原があり、その周囲には泥地、砂泥地、転石地など
多様な環境があり、それぞれのエリアに独特の生物が住んでいます。

一番わかりやすいのはカニたちで、このエリアだけでも10種類を超える
カニたちが、それぞれ棲み分けています。


さて、この観察会に応募いただいたのはちょうど100名でした。

欠席が14名ありましたので、参加者は86名です。

参加者の内訳は、
成人42名、中学生4名、小学生24名、幼児16名でした。


新規でおいでになった方が多かったのが印象的です。
どこかでお聞きになったようです。


研究会のジュニアスタッフの大半が占める中学生が所属する
学校が、この日文化祭でした。

そのため、メンバーがごっぽり抜けてしまいました。

ともあれ、天気に恵まれ、暑からず寒からず、いいコンディションで
観察を進めることができました。


sizeretouchIMG_5532.jpg


sizeretouchIMG_5533.jpg


お疲れ様でした。


次回は6月24日です。
またお会いしましょう。

スポンサーサイト
[ 2018/05/27 22:15 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/278-51ea8e4c