FC2ブログ
PageTop







ツメナガヨコバサミ の飼育    

幸い一匹は生きていましたので飼ってみることにしました。

水槽に水と砂を入れ半分を陸地にしました。
水に入れると体を出して動き回ります。

さて、エサはなにがいい? マングローブの栄養豊かな土(デトリスタ)はないし。
メダカのえさ、スズムシのえさ、ヤドカリのえさ、煮干しの細かいくず、ちりめんじゃこ、ウサギのペレット餌を
砕いたり、ドッグフードも砕いて、・・・と色々と試してみるが粉状のものでは小さいので食べているのか
いないのかが見分けがつかない。
イソギンチャクのえさは粒が少し大きいのでよく見えます。
でも、一瞬抱え込んだもののポイと投げてしまいました。
この“ポイ”という表現は 水中で長い脚と水流とを使って離れたところまで押しやる行為です。

そういえば、画像の中にこんなのがありました。
何の気なしにキバウミニナと思って写していたものをよく見ると
ツメナガヨコバサミが写っています。
それにあの胎生芽(多分オヒルギの)を食べているような様子です。
DSC05828WEB T

そうか、ならばと、レタス、キャベツ、キュウリ、トマト、ニンジン、サツマイモ、
ワカメはどうかなと色々と与えてみました。
サツマイモは一瞬抱え込みましたがやはりポイ! そのほかは見向きもしません。

あぁ・・・悩み! 何か食べててくれよ!
何か食べてくれないと死んじゃうよ。
それともどれかはほんのわずかだけど食べているのかなー?
スポンサーサイト



[ 2018/11/01 02:44 ] 西表島キャンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/337-2409650b