FC2ブログ
PageTop







ツメナガって? ツメはどこ?


さて、殻から出ているときの頭部というより口の周りの観察をしたいのですが
動きは俊敏でちょっとした物音でも一瞬で殻に引っ込んでしまいます。
手に持って観察とかはとてもできません。

ところで10月24日付けの画像のしっぽの先の部分の様子を見ると何やら
鉤(かぎ)のような錨(いかり)のようなものが見えます。
もしかしたらこのカギ状のものがくさびとなって尻尾部を殻に固定し、伸びていた
体を引っ張りこむのかもしれない、と想像します。

ヤドカリを飼ったこともないので詳しく観察したことはないしましてや裸の状態を
見るのは初めてです。
ヤドカリ類はみんなこうなんでしょうか?
ちなみに巻貝のサザエやツブガイなどを食べる時に見た限りではつるんとした
尻尾だけだったような気がします。

そして、 ツメナガヨコバサミ の ツメって何のこと?
「カニのツメ」といえば“はさみ”のことだと思うけどこのヤドカリは
一般に見るヤドカリに比べると小さくて、また、そんなに長いようには見受けられない。

長くあるのは あし(脚)だと思うけど、もしかしてこのしっぽのカギ状のものが
長いのかな?
それとも、 長い脚と思ってるけどこの先にツメが付いていてその爪が長いのかな?

こんな記事見付けました。
「自慢のツメで岩場などに集団でしがみついています。
ネイルサロンには週3回で通っていてお手入れもばっちり。 (ほんとかいな?)
しかし、ヤドカリの足はどこからがツメなのかよくわかりません。」

私も石片を入れていますが石に上がっている姿は見たことがありません。

そして、そして、・・・こんなのにヒットしました。
広島干潟生物研究会 ツメナガヨコバサミ の飼育 - FC2
kankyouseibutu.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

おおっ、なんだ干潟研究会で先人がもう同じことしてたんだ!!!
と、開いてみると・・・なんだよ、私自身の記事だ!  (爆笑)

ふう~~~う、悩みは続きます。
スポンサーサイト



[ 2018/11/03 14:08 ] 西表島キャンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/339-8d91dba5