FC2ブログ
PageTop







観察記 終章  (ヒルギ胎生芽  ツメナガヨコバサミ)


ヒルギの胎生芽、そしてキバウミニナの貝殻と思って拾ってきたはずなのにその中に
いたツメナガヨコバサミ。
採取してきてからいつの間にか4ヶ月が過ぎようとしています。

驚きや感激を含みながら長期の観察と記録をしてきました。
南国マングローブの気候、エサ環境の違いにもかかわらず今日まで命永らえています。

でも、落ち葉が舞い散る季節になりましたし、観察にも大きな変化も見られなく
なりました。
当初は簡単な観察記をと思っていましたが、初めて見る相手に知らないことだらけ。
調べることも多々、でも調べてみても分かることは少々。それなのに意外と発見もあり。

今までに長期に亘って観察したり、その上観察記を書くなどの経験もなく、全く素人
同然のつたない記述でしたし、仕事、用事の合間にということもあり日も長くなって
しまいました。
日々ゆっくりと時には詳しく眺めていると知らないこと、分からないことに
色々と気付くものですね。
それを調べるのも大変ですが楽しいものでもありました。
知りたいことはなおありますがこれ以上の大きな事象は多くは望めそうにはありません。

11月20日のヒルギと 13日のツメナガヨコバサミの様子です
DSC07014 T WEB

DSC06964 T WEB

本日をもって観察記を終了いたします。
長きに亘りこのブログ頁を利用させていただきありがとうございました。
また、お付き合いして本ページへ足を運んでくださった方々にも感謝申し上げます。 

終わりの前にささやかな情報です。
「マリホ水族館」、 ご存知で、行かれた方もいらっしゃるとは思いますが。
(広島市西区観音新町4丁目 マリーナホップ内)
小さな水族館ですが結構充実していて近くにあって、大型施設よりゆっくりと見れるし
大型施設では見れないようなものがいたり・・・と私は気に入っています。
2回分の料金で年間パスがもらえるので時間が許せば何度でも入場出来ます。
時間が許せばの話ですが何度も足を運ぶと色んな姿が・・・前回は見れたのに今回は見れなかった、
逆に前回は見れなかったけど今回は見れた・・・と魚たちの様々な姿が観察できるのです。
西表島で見た、 あるいは見れなかった魚もたくさん泳いでいます。
まだ行ったことのない方にはぜひ寄ってみて下さいとお勧めしたいと思います。

広島干潟生物研究会の皆様、西表島キャンプに参加された皆様またキャンプに関心をお持ちの皆様の
ご健闘、ご健勝をお祈りしながら また再会できる日があることを祈りながら
筆をおきます。


  
スポンサーサイト



[ 2018/11/26 23:24 ] 西表島キャンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/343-cc210363