PageTop







潮位を覚えよう

レクチャー第2回目は潮位について。

瀬戸内海の年間の最大潮位差(年間で最も潮が満ちたときの潮位と、
最も潮が引いた時の潮位の差)はおよそ 4m もあります。

これは、日本最大の潮位差をもつ有明海湾奥で約6m ですから、
それに次ぐ規模です。

島根で高校までを過ごした私としては、そのころは日本海しか知らず、
せいぜい20cmから50cm程度の潮位差しかありませんので、だれも
気にしていません。

そもそも潮位とか干潮満潮という概念が山陰の人にはまずありません。
(ちょっといい過ぎかも知れませんが少なくとも日常生活では
話題にはなりません。)

ですから、大学進学を機に広島に移り、川の潮位が1日4回も
上がったり下がったりしているのを実に感動をもって眺めていました。

あと、島根県出身者としてびっくりしたのは、「広島県民の歌」が
ないことでしょうか。

島根県人は、全員が「島根県民の歌」を歌えます。

「うーすむらさきのー」と歌い出すと、みんな合わせることができるのです。
すごいでしょう。



昨日、天気が良かったので、散歩がてら干潟に出てみました。
比較的よく潮が引いていました。

これが、昨日(20130221)午前11:45の新己斐橋から上流方向を映した写真です。


sizeretouchRIMG11127.jpg


コンクリートの階段の最下段よりもっと下まで引いているのがわかります。

気象庁のHPから入るか、「今日の潮位 広島」で検索すると、
潮位がわかります。

ここをクリックしてもいいです。

その中に入って日付を今日に限定し、グラフにチェックを入れて
クリックすると、今日の潮位をグラフで見ることができます。

それによると、午前11:45は、約175cmです。

気圧の違いや内湾などの影響によって多少の誤差はありますが、
スタッフのみなさんは、この写真ような潮の状況のときには、
潮位は 175cm 程度であることを覚えておいてくださいね。

いつかきっと役立ちます。

                 (2013/02/22 文責 久家光雄)

スポンサーサイト
[ 2013/02/22 12:42 ] レクチャー | TB(0) | CM(2)

ふむふむ

潮位って場所によって変わるんですね。はじめって知ったという世界です。v-267
[ 2013/02/23 22:39 ] [ 編集 ]

さいたまさんへ

たくさんのコメントありがとうございます。

まとめてお礼のコメントです。

ジュニアのメンバーですね。
これから船出ですから、自分の力を発揮できる場だと
おもって、主体的に取り組んでみて下さい。

自分から進んで世の中のためになろうという姿勢が
大事で、そのために勉強するなんて、実に高尚です。

期待しています。

[ 2013/02/24 14:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/5-040ca0ec