PageTop







第2回干潟観察会の公式記録

第2回観察会の記録を残しておきます。
これが、公式記録となります。


日 時 平成25年5月25日(土)13:00~17:20
         5月26日(日)13:30~18:40
場 所 江田島市津久茂 荒代海岸
参加者 スタッフ  12名(大人 5名、子ども 7名)
    一  般  32名(大人19名、子ども13名)
    合  計  44名(大人24名、子ども20名)
主 催 広島干潟生物研究会
共 催 大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)
事業名 ひろしまひがたの生きものふれあい事業
助成者 一般社団法人中国建設弘済会
内 容 さとうみ科学館長挨拶(西原館長)
    レクチャー・諸注意(久家)
    記念撮影
    移動しながら観察・調査(さとうみ科学館スタッフ、久家)
生物学上の成果
    1 広島県、広島市ともに「準絶滅危惧」指定のスナガニの
     生息が巣穴で確認できた。
    2 各地で減少傾向にあり、環境省「準絶滅危惧種」指定の
     ウミニナが多数確認できた。
    3 各地で減少傾向にあり、環境省「準絶滅危惧種」指定の
     タイラギが1個体確認できた。
    4 広島市「軽度懸念」指定のアカテガニが確認できた。
    5 北方系種でありながら瀬戸内海で飛び地的に発見されて
     いたトゲクリガニを確認できた。(幼個体)
    6 観察会で確認された種
 魚類 ハオコゼ、メバル、キュウセン、ギンポ、ハゼ科の一種
 甲殻類 マメコブシガニ、ヨツバモガニ、トゲクリガニ、
      タイワンガザミ、イシガニ、フタバベニケガニ、オウギガニ、
      コメツキガニ、スナガニ、オサガニ、アカテガニ、カクベン
      ケイガニ、アシハラガニ、ヒライソガニ、イソガニ、ケフサ
      イソガニ、タカノケフサイソガニ、テッポウエビの一種、
      ニホンスナモグリ、ユビナガホンヤドカリ、フナムシ、
      ハマダンゴムシ、ヒメハマトビムシ、ヒゲナガハマトビムシ
     貝類 アラレタマキビ、タマキビ、コシタカガンガラ、スガイ、
      イシダタミガイ、タマガイの一種、サザエ、アカニシ、ウミニナ、
      ホソウミニナ、コウダカアオガイ、ヨメガカサ、マツバガイ、
      オオヘビガイ、カリガネエガイ、イガイ、タイラギ、ナミマ
      ガシワ、マガキ、トリガイ、アサリ、マテガイ、ウスヒザラ
      ガイ、クロシタナシウミウシ、メリベウミウシ、ミミイカ、
     その他 クモヒトデの一種、イトマキヒトデ、トゲミモジガイ、
      バフンウニ、マナマコ、スジホシムシモドキ、イワムシ、
      ツバサゴカイ、ミズヒキゴカイ、タマシキゴカイ、クマノアシツキ、
      ケヤリムシ、ヨロイイソギンチャク、ミドリイソギンチャク、
      イタボヤの一種、ヒラムシの一種、ヒョウタンゴミムシ、
      ハネカクシの一種、ハサミムシの一種
 塩生植物 ハマヒルガオ、ハマボウフウ 
                             (事務局)
スポンサーサイト
[ 2013/05/27 16:56 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/51-1cefb15c