PageTop







太田川放水路でハマガニ発見

「このカニ、何でしょうか。」と問い合わせのメールが
今朝ほどありました。

太田川放水路の河川敷で塩生植物を観察している中1の
あかりさんのお母さんからでした。

添付の写真を見れば、一目瞭然、ハマガニでした。


あかりさんが、植物を観察中に突然出くわし、面食らったようです。

「こっちをじーっと見ている。」と。

なにせ巨大なカニで、逃げませんから不気味だったことでしょう。


同行していたお母さんも、これは貴重なカニに違いないと直感。

ただちに現地で撮影し、採集して持ち帰られました。

普通の女性なら、いえいえ、男性ですら尻込みされるところですが、
さすがにお母さんも干潟生物研究会のスタッフの一人。
写真だけでなく本物を持ち帰るなんぞ、たいしたものです。

昼頃に事務局に持ち込まれました。

来週の日曜に予定されている第3回干潟観察会に持参し、
参加なさった方にお見せし、その後、もといたところに
返そうとおもいます。


太田川放水路でのハマガニの記録は、いまのところないようです。
第1回の観察会でハマガニの資料をつくり、放水路にもいるはずですと
予言していました。
それらしき巣穴をみつけていましたから。

しかし、こんなにも早く、しかも塩生植物観察中の女子中学生が
第一発見者になるとはまったくの予想外でした。


こうして、いろいろな方の努力や発見によって情報が集まり、
しだいに、太田川感潮域の豊かな生物相が明らかになってきつつあります。


ハマガニが入っている水槽にカメラを入れて撮ろうとしたら、
おそわれそうになりました。

なかなかの迫力です。

sizeretouchRIMG12926.jpg


ただ、草食性の強い雑食で、ヨシの葉などを食べています。

                   (文責 久家光雄)
スポンサーサイト
[ 2013/06/20 22:08 ] レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/55-4213126f