PageTop







2014年度第3回干潟観察会無事終了

好天に恵まれ、観察会、無事終了しました。

参加人数は、記念撮影後の遅刻者も含めると、42名+数人の幼児+新聞社記者。

太田川放水路の左岸(つまり東側)の新己斐橋の下流で
行なわれました。


1-DSC_2003.jpg

今回は、先日結成されたジュニア事務局の代表と事務局長が
受付、挨拶、注意事項の説明などで大活躍しました。
高校2年生ともなると、なかなかしっかりしています。

ただ、他の事務局スタッフはあいにく文化祭や試験期間中ということで
欠席でした。

見つかった生き物は、おおよそ次のとおりです。

塩生植物
 ハマヒルガオ、フクド、ハマサジ、ハママツナ、ホソバハマアカザ、
シオクグ、ヨシ

貝類
 ウミニナ、ホソウミニナ、フトヘナタリ、ソトオリガイ、クチバガイ

カニ類
 コメツキガニ、チゴガニ、ハクセンシオマネキ、スナガニ(巣穴のみ)
ユビアカベンケイ、モクズガニ、アシハラガニ、ヒメアシハラガニ、
ケフサイソガニ、カクベンケイガニ

などでした。
(説明中心ですので、見落としもだいぶあります。)


大きなスズキの死骸もあったり、スリリングでした。

ハクセンシオマネキのハサミ振りがみんなしっかり見られたのは
感動でした。

次回は、6月15日(日)15:50から、元宇品のプリンスホテル裏の
海岸で行います。

(文責 干潟研事務局)

スポンサーサイト
[ 2014/05/25 19:34 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyouseibutu.blog.fc2.com/tb.php/90-93235cc5