PageTop







本日の第7回観察会、決行します

参加予定の皆様へ

今年最後の観察会は、今日14:15からの予定です。
昨日までに71名のお申し込みがありました。
しかしあいにく午後の降水確率は60%です。
いったんは中止を考えましたが、あまり強く降らない
様子ですので、干潟観察会は決行します。

ただし、以下の点をご了解ください。

1 集合時刻に雨が降っていたら、集合場所を新己斐橋の下に
変更します。東詰めです。のぼり旗や集合している人が見えにくく
不安があるとおもいますが、ご心配なく。

2 傘または雨合羽を必ずお持ち下さい。とはいえ、橋の下だけで
観察を行うなど、極力雨を避けた活動にします。

3 天気の様子をみて、早めに切り上げることもあり得ます。
ただし、カニ釣りだけは伝授したいとおもいます。

4 お申し込みされた方で、自主的に辞退される方は、
連絡は不要です。ご心配なく。

以上、よろしくお願いいたします。
[ 2016/10/16 06:50 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第7回観察会(2016年度最終回)のご案内

今週の日曜日はあいにくの雨で、第6回の観察会が流れてしまいました。

第7回は、己斐橋と新己斐橋の間で行うこととしていましたが、予定を変更し、
第6回で流れてしまった会場を再度設定しました。

ここは、ある人工干潟でありながら、地盤が安定しており、植生も豊かで、
希少な動物たちもたくさん見られます。
ぜひそれらを見ていただきたいと、あえて予定を変更し、もういちど観察会の
場所に選びました。

また、大人も子どもも楽しめる内容も含めましたので、どうぞ期待して
おいでください。

期日:平成28年10月16日(日) 午後2時15分から3時45分まで

場所:広島市西区福島町1丁目(下の図を参照)
   (新己斐橋と旭橋のちょうど中間地点)
 
集合場所地図

持参:タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、メモ帳
   (あれば便利;デジカメ、双眼鏡、図鑑)

服装:長靴、長袖、長ズボン、帽子

申込:参加費は無料ですが、電話番号を添えてメールまたは電話で申し込んでください。
   higataken98@yahoo.co.jp 082-274-4100(広島干潟生物研究会事務局)
①参加者全員のフルネーム ②学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
    ③緊急時の連絡先

注意:トイレをすませてから集合。雨天中止。微妙な場合は、ホームぺージ、ブログで
   当日朝8時以降に確認するか、電話で問い合わせしてください。
   駐車場は民間のコインパークをご利用ください。

主催:広島干潟生物研究会

よろしくお願いいたします。

                                       (事務局)


[ 2016/09/21 14:41 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

今日観察会、中止します。

おはようございます。

今日9月18日の観察会は、残念ながら中止します。

午後の降水確率が60%と高く、広島・呉地域の大部分に
大雨(土砂災害)警報が出ています。

せっかく64名もの方がお申し込みくださったのですが、やむを得ません。


なお、次回の予定は10月16日ですが、場所は、今回予定していたところで
行いたいとおもいます。

よろしくお願いいたします。


[ 2016/09/18 07:34 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

第6回干潟観察会 について

台風16号が近づいています。

17日の23時現在、県内南部に大雨・洪水警報が発令されています。

したがって、明日の観察会(太田川放水路、新己斐橋下流左岸)は
中止の可能性が大きいのですが、明日の朝の状況をみて、朝8時に決定し、
このブログとHPに掲載したいとおもいます。


開催を決定した場合、自主的に欠席される場合は、それでけっこうですが、
出来れば、メールで一報いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
[ 2016/09/17 23:47 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)

ウミホタル観察会、参加者の声

中学2年生の女子のお母さまから感想をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のウミホタル観察会、とても楽しかったです。

娘は小学校の臨海学校の際に見たので参加のつもりは
なかったのですが、私がどうしても見てみたくて参加させて
いただきました。

ウミホタルの発光に「キレイ~!」と感嘆すると同時に、
私達外敵に最後の抵抗をしているようで申し訳ない気持ちにも
なりました…。

想像以上に発光が強くて、あんなに小さな生物の生きる
力強さを感じ、感動しました。

ちなみに、私達のホイホイはロープが短すぎたせいか、
ウミホタルは全く捕獲できませんでした。両隣のご家族が
たくさん捕獲されたので見せていただきました。

貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お子さんを出汁にして、実はお母さんが参加したかったという
ケースをあとからけっこう聞きました。

まあ、それもありですね。
お子様方も、親たち、大人たちが感動するようすなんて、
日頃あまり見ないでしょうから。

お疲れさまでした。

[ 2016/07/24 21:02 ] 観察会 | TB(0) | CM(0)